製品概要

製品概要

デモ回路 DC2870A は、二乗平均パワー・ディテクタ LTC5596 用の Linduino® シールドです。Arduino/Linduino 互換プラットフォームとここからダウンロードできるソフトウェアを使用して、実効値 RF 電力測定をすぐに評価できるように設定されています。USB ケーブルで PC に接続することで、グラフィック・ユーザー・インターフェースを使用して正確な電力レベルをモニタできます。

LTC5596 は、100 MHz ~ 40 GHz で動作する、広いダイナミック・レンジを持つデシベルリニア二乗平均 RF パワー・ディテクタです。Linduino(DC2026C)プラットフォームは、4.9 mV/LSB の分解能と 5 V のデフォルト・リファレンス電圧を持つ 10 ビット A/D コンバータ(ADC)を提供します。入力ダイナミック・レンジは、周波数に応じて 1 dB の精度で最大 35 dB まで調整できます。ディテクタの出力スロープは、通常、6 LSB/dB です。DC2870A デモ回路は、2.9 mm SMK エッジ・マウント・コネクタを使用して、最大 40 GHz までの幅広い動作周波数信号に対応できるように最適化されています。入力インピーダンスは、内部で 50 Ω に整合しています。ピーク対平均値比が最大 12 dB までの高クレスト・ファクタの波形の実効値測定に適しています。RFIN ピンの DC 電圧が 1.0 V 未満に維持される場合は、外部のカップリング・コンデンサは不要です。3.3 V の内蔵レギュレータにより、ジャンパ JP1 を介してシールドに電力が供給されます。詳細については、アプリケーション・サポートにお問い合わせください。

この回路ボードの設計ファイルが提供されています。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。