製品概要

製品概要

デモ回路241CはLTC1535絶縁型RS485トランシーバーを紹介するものです。LTC1535は2,500Vの絶縁が特長で、チップの左半分にはおなじみのRS485ロジック機能と絶縁型スイッチング・コンバータ、右半分にはRS485トランシーバーを内蔵しています。両側に、内部の容量性絶縁バリアをまたいでデータを送受信するための通信セクションがあります。LTC1535では大型のシステムで問題の原因となるグラウンド・ループを中断できます。また、データ損失を発生させることなく、グラウンドを基準としたハイ・コモン・モード振幅を処理できます。

絶縁に関する考慮事項

このボードはCTX02-14659トランスによる制限を受け、構築時点で500Vの絶縁を実現するよう設計されています。フル3750V UL認定可能トランスもCoiltronicsからCTX02-14608として提供されています。LTC1535は2,500Vテストにのみ適合します。その他のトランス・オプションの詳細については、LTC1535データシートを参照してください。

ロジック・インターフェース

DC241Cの左半分にはロジック・インターフェース・セクションがあります。+5Vおよびロジック・グラウンド(VCC1およびGND1)用に大型端子が提供されています。入力電流は約94mAです。より小型の端子がRO(レシーバー出力)、RE(レシーバー・イネーブル)、DE(ドライバ・イネーブル)、DI(ドライバ入力)に接続します。これらの端子はLTC485の業界標準のピンアウトに適合するように配置されています。

RS485インターフェース

右側には絶縁型RS485セクションがあります。チップは全二重動作を実現するように設計されています。そのため、レシーバー入力A-Bとドライバ出力Y-Zが小型端子に送られます。レシーバーにはローカル出力RO2もあります。大型の端子VCC2とGND2はトランスから給電されており、外部電源は不要です。これらは絶縁型コンバータの出力をモニタリングする目的で組み込まれています。

DC241Cのその他の特長

両側に電力の有無をモニタリングするための緑色のLED(D1、D3)があります。3.3k直列抵抗では暗い表示になりますが、電流を削減できます。高精度の電源電流測定を実現するには、JP1とJP3によりLEDを無効化します。

120Ω、1/4Wの終端が付属しています。これらの終端はジャンパJP4(レシーバー)およびJP5(ドライバ)で選択します。半二重動作はS1により簡略化されています。S1はAをYに、BをZに短絡します。左側が半二重で、右側が全二重です。ドライバのスルー・レートはJP2で制御されます。左側が低速で、右側が高速です。

端子ブロックJ1はDC241Cをシステムに接合する最も簡便な方法です。J1には2mmのスクリュー・ドライバ(Xcelite® P3321を推奨)が必要です。Xcelite R181では強く押しても適合しません。

この回路ボードの設計ファイルが提供されています。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。