製品概要

機能と利点

  • 1から最大4センサー・チャンネルまで計測可
  • 選択可能なSPI、I2C、もしくはUART通信
  • 簡易プログラミング用10ピンJTAG/SWD コネクタ
  • Arduino互換のフォーム・ファクタ

製品概要

EVAL-M355-ARDZ-INTボードは、ADuCM355用に設計されたセンサーが、様々なArduinoシールドと互換性のあるフォーム・ファクタ開発キットに接続できるようにします。このボードは現在、完全なソリューションへの主要開発キットとしてEVAL-ADICUP3029をサポートしています。

EVAL-M355-ARDZ-INTを使うと、ADuCM355に基づく最大4チャンネルのセンサーを同時使用できます。ボード上のスイッチと一緒にEVAL-M355-ARDZ-INTとボード上の10ピンJTAG/SWDヘッダーを使うと、センサーボード自体を再プログラムできます。

ハードウェア (3)

開発 プラットフォーム

Reference Designs

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。