製品概要

機能と利点

  • 動作電圧が1500V(peak)のADM2761E半二重、信号絶縁型RS-485トランシーバーの評価が簡単
  • EN 55032クラスB EMI放射に準拠した2層PCB
  • 沿面距離と隙間8.3mmの16ピンSOIC_Wパッケージ(標準、半二重)用フットプリント
  • 多電源構成での評価を簡単にするジャンパ・オプション付きのADP7104 LDOレギュレータを内蔵
  • 最低1.7Vの入出力ノードのインターフェース用の柔軟な低電圧VDD1電源
  • 3.0V〜5.5Vの幅広いVDD2バス電圧で動作
  • AピンおよびBピンでのIEC 61000-4-2 ESD保護
    • ≥±12kVの接触放電と≥±15kVの気中放電
  • TxD入力信号用SMAコネクタ
  • TxD信号を提供するLTC1799発振器をオプションで内蔵
  • スクリュー端子ブロックにより、電源、デジタル、およびRS-485信号に接続可能
  • デジタル入力信号のイネーブル/ディスエーブルがジャンパで選択可能
  • 終端用の抵抗とフットプリント
  • すべての信号に測定用のテスト・ポイント

製品概要

EVAL-ADM2761EEBZを使用することで、ADM2461E半二重、高動作電圧、5.7kV実効値、信号絶縁型RS-485トランシーバーを簡単かつ効率的に評価することができます。

EVAL-ADM2461EEBZには、個々のシステムでADM2461Eデバイスを評価するためのオプションがあります。デジタル信号およびRS-485バス信号には、EVAL-ADM2461EEBZのスクリュー端子ブロックを介して簡単にアクセスできます。各デジタル入力は、内蔵のジャンパ・オプションを介して構成できます。

2つの内蔵ADP7104低ドロップアウト(LDO)レギュレータは、20Vまでの入力電圧を受け取り、ジャンパ・オプションを介して構成されるVDD1ピンおよびVDD2ピンに、幅広く選択可能な電源電圧を出力します。LDOレギュレータをバイパスして、外部電源からADM2461EのVDD1電源ピンおよびVDD2電源ピンに電力を直接供給できます。

VDD1ピンを使用した柔軟な1次側ロジック電源により、デバイスは1.7V〜5.5Vのデジタル入出力(I/O)電圧で動作し、1.8Vまたは2.5V電源を使用して最新ノードと通信できます。また、VDD1ピンはADP7104安定化電源からも供給できます。

別の方法を使用して、送信データ入力(TxD)データ入力信号をデバイスに提供することができます。EVAL-ADM2761EEBZにはオプションのLTC1799発振器が含まれており、10kHz〜250kHzの範囲内のTxDデジタル入力としてクロック信号を提供するように構成できます。端子ブロックにより、マイクロコントローラやプロセッサに簡単に配線できます。信号の完全性を最適化するには、内蔵のサブミニチュア・バージョンA(SMA)コネクタを使用して、外部データ信号を接続します。

EVAL-ADM2761EEBZには、16ピン、スモール・アウトライン、ワイド・ボディ(SOIC_W)パッケージのADM2761E絶縁型半二重RS-485トランシーバー用のフットプリントがあります。

ADM2761Eの詳細については、ADM2761Eのデータシートを参照してください。EVAL-ADM2761EEBZを使用する際は、データシートと併せてこのユーザ・ガイドを参照してください。

はじめに

必要な装置

  • オシロスコープ
  • 信号発生器
  • 3V~5.5Vの電源
  • 1.7V~5.5Vの電源

購入

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。