EE-Sim
EE-Sim
EE-Sim®ツール EE-Sim®ツール

オンラインのEE-Sim設計ツールを使うことで、電力回路の設計と評価をわずかな時間で完了できます。SIMPLISとSIMetrix SPICEの両方を備えたEE-Sim OASISシミュレータをダウンロードすれば、設計を更に詳しく検査した上でハードウェアに引き渡すことができます。

EE-Sim DC/DC設計およびシミュレーション・ツール

EE-Sim DC/DC変換ツールは、ユーザの条件を利用し、回路図、市販部品を含む部品表、時間および周波数領域のシミュレーションなどを完備した電源設計を短時間で作成します。

EE-sim

どのような専門レベルの設計者に対しても使いやすさを提供する豊富な機能

  • 初心者にも使いやすい簡素なインターフェース
  • 習熟ユーザが複雑なタスクを実行できるようにする先進機能
  • 変更が容易で広い制御が可能なシミュレーション設定

信頼できる設計結果

  • 回路の変更後に制御ループを再補償
  • 現実的な設計を実現するVBIASのコンデンサ値

高速のエンドtoエンド設計プロセス

  • 設計の変更を追跡しバージョンの比較を行うことが可能
  • クラス最高性能の波形ビューア
  • テスト済みのリファレンス設計が組み込まれ、コピーや変更が可能

EE-Sim OASISシミュレータ

回路設計を手早く正確にシミュレーションできるよう、アナログ・デバイセズではEE-Sim OASISシミュレーション・ツールを提供しています。このツールは、スイッチド・モード電源ICに関して業界をリードするシミュレータのSIMPLISシミュレーション・エンジンと、堅牢で高速な収束で知られるSIMetrix SPICEシミュレーション・エンジンの両方を備えています。

  • オフライン(インターネット接続なし)でシミュレーションを実行
  • フル機能の回路図エディタを使用して部品の追加*や移動が可能
  • すぐに使用できる回路図で始めることも、オンラインのEE-Sim設計ツールを使用してカスタム設計を作成することも可能

EE-Sim OASISシミュレータをダウンロード

‘アップデートを確認’するには、OASIS Simulatorの[ヘルプ]メニューに移動し最新バージョンにアクセスしてください。
*この無料ツールには、シミュレーションできる回路のサイズに制限がありますが、この制限は、実際の作業には問題のない大きさとなっています。


SIMPLISとは

SIMPLIS(SIMulation of Piecewise LInear Systems(区分線形システムのシミュレーション))は、スイッチング電源システムのシミュレーション課題を処理するために特別に設計された回路シミュレータです。SPICEと同様、SIMPLISはコンポーネント・レベルで機能しますが、通常、スイッチング回路のトランジェントの解析を10倍から50倍も高速で実行できます。スイッチング電源システムに対し、SIMPLISで採用されている区分線形(PWL)モデリングおよびシミュレーション手法は、SPICEに比べて質的に優れた収束をもたらします。

更に詳しく

SIMetrixとは

SIMetrixは、一般的なアナログおよびミックスド・シグナル・シミュレータです。機能が強化されたSPICEシミュレータ、回路図エディタ、波形ビューアが1つの環境に収められています。使いやすいツールで、広い範囲のアナログおよびミックスド・シグナルの設計アプリケーションに対し短時間で収束するだけでなく、優れた精度と性能を備えています。

更に詳しく

デモ回路を検索

すぐに実行できるSIMPLIS回路図の全ライブラリをご覧ください。

SIMPLISモデルを調べる

EE-Simソリューション・ファインダー

EE-Simソリューション・ファインダーは、適切なスイッチング電源をより手早く見つけることができる最先端の部品選択ツールです。ソリューション・ファインダーがパラメトリック検索より優れている理由は何でしょうか?ソリューション・ファインダーは、設計条件を検証し、推奨部品ごとにその適切性を確認します。また、ICだけでなくソリューション全体の部品表を考慮にいれた上で、各推奨部品の効率、サイズ、コストを比較します。

EE-Simソリューション・ファインダー

Solution Finder

EE-Simシステム電源ツール

EE-Simシステム電源ツールを使用すると、プロセッサ、SoC、µC、FPGAの設計など、マルチレール・システムやマルチ負荷システムに対しカスタマイズされた推奨DC/DC部品が表示できます。このツールは、ユーザの条件に基づいて部品選択を自動で検証するため、設計時間と設計リソースを節約できます。

  • マルチレール・システムおよびマルチ負荷システムの電源を設計
  • Xilinx XPEおよびAltera EPEのスプレッドシートをワン・クリックでアップロード
  • 推奨DC/DC部品にパラメータによるフィルタリングを行い最適なソリューションを探索
  • DC/DCコンバータ・ブロックの設計およびシミュレーションをわずか数分で実行

EE-Simユーザ・マニュアル

このユーザ・マニュアルには、様々な電源ソリューションの設計およびシミュレーションを可能にするアナログ・デバイセズのオンライン・ツール、EE-Simを使用するための、詳細な説明が記載されています。

ユーザ・マニュアルをダウンロード

EE-Sim User Manual

How to Videos


OASISを使用してコンバータのデューティ・サイクルを分析する方法

LTspice®とその使用方法が学習できます。このビデオ・シリーズでは、簡単な回路のレイアウトを通じて、LTspiceの回路図キャプチャ・プログラムの初歩を説明します。


SIMPLISとSPICE:どちらがスイッチング電力変換シミュレーションに最適化?

そもそもSIMPLISが開発されたのは、SPICEではスイッチング・コンバータを効率的にシミュレーションできなかったためです。このビデオでは、SIMPLISがより高速にスイッチング電力コンバータをシミュレーションすること、SPICEで一般的に生じる収束の問題を回避すること、周波数領域の正確な応答曲線(ボーデ線図)を手早く生成する線形アルゴリズムが組み込まれていることを、ブルックスが説明します。


OASISを使用してベンチの測定結果とシミュレーションを関連付ける方法

電源の正確なベンチ測定結果を取得する方法とこの測定結果をOASISにインポートする方法について、Benが解説します。続いて、この方法とMAX17242EVKITを用いて設計のトラブルシューティングと検証を行う方法も説明します。


ケース・スタディ:1時間以内で電源を設計および最適化する

熟練したアプリケーション・エンジニアが、すぐにハードウェアに適用できる設計について、EE-Sim設計ツールを使用し、カスタムDC/DCコンバータの設計、シミュレーションの実行、改善、イテレーションを1時間以内に行う方法がご覧いただけます。


EE-Sim DC/DCツールの概要

EE-Simで最もよく用いられる機能をデモンストレーションします。新たなDC/DC設計を開く、設計条件を変更する、回路図を作成する、シミュレーションを実行する、設計を比較する、レポートを作成する、などの内容が含まれています。


EE-SIM OASISシミュレーション・ツールを使用して回路設計を高精度でシミュレーションする方法

EE-Sim OASISツールを使用してスイッチング電源回路をシミュレーションする方法を学習できます。SIMPLISシミュレーション・エンジン上に構成された、スイッチド・モード電源IC向けのOASISシミュレータは、すぐにコピー、変更、シミュレーションができる150を超える電源リファレンス設計を備えています。


数式の苦労は不要:確実に動作する設計をEE-Simで作成

EE-Sim設計およびシミュレーション・ツールを使用して、アプリケーション条件に適合するDC/DCコンバータを選択する方法を、ノルベルトが解説します。また、最小オン時間、最大出力電流、およびデューティ・サイクルに関する考慮事項を利用して条件をアクティブに検証し、動作設計を確実なものにする方法を説明します。


EE-Sim設計ツールで5分以内に電源を設計する方法

このビデオでは、オンラインのEE-Sim設計およびシミュレーション・ツールを使用して5分以内に電源を設計する方法について、オリバーが説明します。シミュレーション結果を実際のハードウェアと比較するために、MAX17506評価用キットが用いられています。


EE-Sim Webscope波形ビューア

最適な解析が行えるよう、EE-Simシミュレーション波形の表示をカスタマイズできます。設定可変パラメータには、信号の色/順序/グルーピング、軸のスケーリング/配置/同期、マーカの数/ラベル、自動/手動ズーム、保存データのフォーマットなどがあります。


EE-Simでの設計の共有

関係者と設計を共有する3通りの方法をご紹介します。EE-Simはクラウドをベースとしているため、高速、簡単、かつ柔軟に設計を共有できます。


EE-Simでのシミュレーション

シミュレーション・セットアップ・ウィンドウを用いて最大6種類のシミュレーションを実行できます。必要に応じ、各種シミュレーション設定をカスタマイズできます。結果を示す波形にアクセスできます。


EE-Simでの部品の操作

回路図の推奨部品ごとにメーカー、製品番号、主要性能を確認できます。また、異なる部品を選択したり、独自の部品を定義したりできます。セラミック・コンデンサの性能のディレーティングやそれが重要である理由などを定義できます。


EE-Simでの設計上のトレードオフ

設計のニーズに応じて、設計のサイズ、効率、部品表コストなどの優先順位付けができます。この選択を回路図に取り込む方法を説明します。


EE-Simでの設計条件

設計条件の指定方法と回路図の作成方法を説明します。


敏速な電源設計をあらゆる設計者に

オンラインのEE-Sim DC/DC設計およびシミュレーション・ツールをご紹介します。スイッチング電源回路を、回路図、部品表、シミュレーション結果を含め10分以内に設計できる方法が学べます。250種以上のICがサポートされています。