化学センシング

化学センシングでは様々なセンサー・タイプが使用され、各タイプで異なる計測技術が必要です。化学センシング技術では、光、荷電イオン・ビーム、酸化還元反応、およびその他の技術を使用して計測対象の成分を判定します。主なアプリケーションとして分光学、分光法、電気化学などがあり、医療試験、科学分析、環境モニタリングの分野で使用されています。正確で信頼度の高い検出、識別、および特性評価が実現するかどうかは、高精度な検知能力とエレクトロニクスが鍵を握っています。アナログ・デバイセズのシグナル・コンディショニング、センサー、電力、およびプロセッサのソリューションでは、検出限界(LOD)と精度が電子機器の設計により制限されない高性能のセンサー・インターフェースが提供されます。以下で、設計を迅速にスタートするためのシグナル・チェーンとリファレンス設計をご確認ください。

シグナル・チェーン

(9)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。

リファレンス設計

主な製品