建物の持続可能性

建物の持続可能性、つまり健全な建物の確立とは、建物の中に安全、快適、生産的な環境を構築するための条件を作ることを意味します。入居者が呼吸する空気の品質から、指定された空間で安全に作業できる人数まで、入居者の安全性の保護に関する規制が強化されています。持続可能で環境に配慮した建物では、資産とサービスの使用率を測定し、最適化できる必要があります。地球環境を改善するには、建物のゼロカーボン化を目指す必要がありますが、それにはデータの構築と理解が必要です。持続可能な建物の多くは、優れた電力効率と、建物内または建物外にある再生可能エネルギー源からの電力供給を既に実現しているか、実現することが想定されています。

環境に配慮した建物での生産性向上

建物のエネルギー効率を高めると、エネルギー・コストを削減し、生産性を発揮できる環境を従業員に提供できます。ワイヤレス・ノードが商用ビルでのエナジー・ハーベスティングをどのように実現しているかをご覧ください。

技術記事を読む

Solar panels in the city

ロックダウン明けの安全な職場復帰を可能にする

パンデミック後のロックダウンを抜けるとき、職場復帰について不安に思うのは当然です。病気との闘いに取り組む分野と、技術が果たす役割についてご確認ください。

EngineerZone®の記事を読む

Teamwork Businesswoman Wearing Medical Mask

おすすめ製品