自動車充電

電気自動車は現在のところ、全世界の自動車販売台数の2%を占めるにすぎませんが、今後10年でこの数字は15倍に増えることが予想されています。自動車充電の急速な導入は、より環境にやさしい交通オプションを求める顧客の増加や、炭素ガス放出削減と燃料効率向上を求める規制によって加速しています。どの主要自動車メーカーも、今後数年間に少なくとも1つの電気自動車をリリースする計画によって、このような2つのプレッシャーに応じてきました。

EV市場は、車両走行距離の増加、機能的安全性の向上、充電時間の短縮、コストに対する需要に後押しされています。アナログ・デバイセズの画期的なソリューションは、電力貯蔵システム、代替パワートレイン・タイプ、自動車充電サブシステムに対処しています。アナログ・デバイセズでは、バッテリ管理、高電圧絶縁、位置速度検知電流検出向けのソリューションを提供することで、性能を犠牲にすることなく、システムの小型化、軽量化、効率化を実現しています。

走行距離の延長とアナログ・デバイセズ・バッテリ管理システム

走行距離の延長とアナログ・デバイセズ・バッテリ管理システム

電気自動車の販売価格の最大40%はバッテリが占めるため、性能とバッテリ寿命は電気自動車(EV)ブランドの成功の主な要因と見なされるようになっています。アナログ・デバイセズは、業界で最も精度の高いバッテリ管理システム(BMS)を設計しています。直接的な結果として、バッテリ寿命が延び、競合製品より充電1回あたりの走行距離が20%延びることが期待されます。

BMSが車両の充電に与える影響

電気自動車生産の規模の拡大には高度なバッテリの組み立てとテスト・システムが必要

電気自動車生産の規模の拡大には高度なバッテリの組み立てとテスト・システムが必要

複雑なバッテリの組み立ておよびテスト(BFT)プロセスは、EVのバッテリ・コストの最大20%を占めており、完了まで2日程度と、かなり時間がかかります。大きなボトルネックにより、バッテリ製造のスループットを改善できず、バッテリ製造の全体的なコスト削減が妨げられています。

アナログ・デバイセズのBFTプロセスがコストに対処する方法について

rendering of an electric vehicle's drive train

Main Products

    おすすめ製品

    リファレンス・デザイン