自動車充電システム

電気自動車は現在のところ、全世界の自動車販売台数の2%を占めるにすぎませんが、自動車動力の電化は今後10年で15倍に増えることが予想されています。自動車動力の電化の急速な導入は、より環境にやさしい交通オプションを求める顧客の増加や、炭素ガス放出削減と燃料効率向上を求める規制によって加速しています。どの主要自動車メーカーも、今後数年間に少なくとも1つの電気自動車をリリースする計画によって、このような2つのプレッシャーに応じてきました。

EV市場は、車両走行距離の増加、機能的安全性の向上、充電時間の短縮、コストに対する需要に後押しされています。アナログ・デバイセズの画期的なソリューションは、電力貯蔵システム、代替パワートレイン・タイプ、自動車充電サブシステムに対処しています。アナログ・デバイセズでは、バッテリ管理高電圧絶縁 バッテリの組み立ておよびテスト位置速度検知、および電流検出向けのソリューションを提供することで、性能を犠牲にすることなく、システムの小型化、軽量化、効率化を実現しています。

2019年にアナログ・デバイセズのBMS製品によって6,000万トンのCO2が大気に排出されるのを防ぐことができたほか、今後も自動車のCO2排出量を前年比で30%ずつ削減し続けることができると見込まれています。置き換えると、6,000万トンのCO2は、約7,000万エーカーの森に相当します。アナログ・デバイセズは、先進的な自動車充電技術を提供することで、持続可能な未来の発展に全力で取り組んでいます。

ワイヤレス・バッテリ・マネージメント・システム

アナログ・デバイセズのワイヤレス・バッテリ・マネージメント・システム(wBMS)は、ハーネスを使用する従来の有線型システムに伴う機械的な課題とコストの問題をなくし、業界の最も厳格な安全基準を満たす一方、これまでにない柔軟性を提供することによって、OEMが様々な仕様の電気自動車に対応することを可能にします。アナログ・デバイセズのシステムは、1つのセルから最大限のエネルギーを取り出すことを可能にして充電1回あたりの走行距離を伸ばす他、リン酸鉄リチウム(LFP)のように安全かつ持続可能なゼロコバルト・バッテリ・ケミストリを採用しています。

主な利点:

  • ハーネスが不要
  • よりシンプルなパック
  • 最大限の走行距離
  • ポートフォリオ内での設計再利用
  • 柔軟な設計
  • エネルギー密度
  • 機械的信頼性
  • 低コスト化
 

 

wireless-image

ドキュメントとサポート

機密保持契約(NDA)(pdf)に必要事項を記入することによって、すべてのドキュメントをご利用いただけます。上記書式に必要事項を記入し、プロジェクトの詳細、会社情報、メールアドレスを添えてwireless.bms@analog.comへお送りください。更なるサポートは最寄りのアナログ・デバイセズ販売代理店からお受けになれます。

走行距離の延長とアナログ・デバイセズ・バッテリ管理システム

走行距離の延長とアナログ・デバイセズ・バッテリ管理システム

電気自動車の販売価格の最大40%はバッテリが占めるため、性能とバッテリ寿命は電気自動車(EV)ブランドの成功の主な要因と見なされるようになっています。アナログ・デバイセズは、業界で最も精度の高いバッテリ管理システム(BMS)を設計しています。直接的な結果として、バッテリ寿命が延び、競合製品より充電1回あたりの走行距離が20%延びることが期待されます。

BMSが車両の充電に与える影響

電気自動車生産の規模の拡大には高度なバッテリの組み立てとテスト・システムが必要

電気自動車生産の規模の拡大には高度なバッテリの組み立てとテスト・システムが必要

複雑なバッテリの組み立ておよびテスト(BFT)プロセスは、EVのバッテリ・コストの最大20%を占めており、完了まで2日程度と、かなり時間がかかります。大きなボトルネックにより、バッテリ製造のスループットを改善できず、バッテリ製造の全体的なコスト削減が妨げられています。

アナログ・デバイセズのBFTプロセスがコストに対処する方法について

自動車電化に関する機能

詳細と製品については、下の画像上の番号をクリックしてください:

rendering of an electric vehicle's drive train

主な製品

    おすすめ製品

    リファレンス・デザイン

    Learn how today's breakthrough technologies are making a global impact

    Discover ADI Signals+