ADXL372

加速度計、3軸、MEMS、±200 gデジタル出力、マイクロパワー

Manufactured by:

製品概要

ADXL372は、3200 Hzの出力データ・レート(ODR)での超低消費電力(消費電流22μA)、3軸、±200gのMEMS加速度センサーです。ADXL372は低消費電力動作を実現するために、そのフロント・エンドの電源のオン/オフは行いません。従ってセンサー出力の折り返しの危険はありません。

ADXL372 は、超低消費電力であることに加えて、衝撃検出を可能にする多くの機能を備えており、システムレベルの消費電力を低減します。デバイスにはディープ・マルチモード出力ファーストイン、ファーストアウト(FIFO)、数個のアクティブ検出モード、閾値イベントの中でピーク加速度のみを取り込む手段があります。

他の2つの割り込み駆動でより低い消費電力モードのウェークアップ機能があり、インアクティブの期間にモーションをモニタします。ウェークアップ・モードでは、非常に低い出力ノイズを獲得ために加速度データを平均化して低g閾値でトリガーさせることが出来ます。ADXL372 は、インスタントン・モードでは1.4 μAしか消費しませんが、継続的に衝撃に関して環境をモニタ行います。内部で設定した閾値を超える衝撃イベントが検出された場合、デバイスはイベントを記録するために十分な早さの通常動作モードに切り替わります。

高gアプリケーションでは加速度が広範囲の周波数にわたり加わる可能性があります。ADXL372は高gアプリケーションで良くある帯域外信号を減衰させる4極、ローパス・アンチエイリアシング・フィルタを内蔵しています。ADXL372は周囲の温度ドリフトのような初期の遅く変化する誤差を削減するためにハイパス・フィルタも内蔵しています。

ADXL372はスケールファクタ100 mg/LSBで12ビット出力データを出力します。ユーザはシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)あるいは限定I2Cプロトコールを介して設定レジスタとデータ・レジスタにアクセスできます。ADXL372 は、広い電源電圧範囲で動作し、3 mm × 3.25 mm ×1.06 mmのパッケージを採用しています。

多機能ピンの名称は、該当する機能のみで表されることがあります。

アプリケーション
  • 衝突と衝撃の検出
  • 資産の健全性評価
  • モノのインターネット(IoT)の携帯用エッジノード
  • 脳振とうと頭部外傷の検出

製品ライフサイクル

icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット

(2)

X +

EVAL-ADXL372Z

EVAL-ADXL372Z ブロック図

製品概要

The EVAL-ADXL372Z is a simple evaluation board that allows quick evaluation of the performance of the ADXL372 ultralow power, 3-axis, digital output MEMS accelerometer. The EVAL-ADXL372Z is ideal for evaluation of the ADXL372 in an existing system because the stiffness and the small size of the evaluation board minimize the effect of the board on both the system and acceleration measurements.


Full specifications for the ADXL372 are available in the product data sheet; consult the data sheet in conjunction with user guide  UG-1113 when working with the evaluation board.

EVAL-ADXL372-ARDZ

EVAL-ADXL372-ARDZ ブロック図

EVAL-ADXL372-ARDZ 写真

製品概要

The ADXL372 is an ultralow power, 3-axis, ±200 g MEMS accelerometer that consumes 22 μA at a 3200 Hz output data rate (ODR). The ADXL372 does not power cycle its front end to achieve its low power operation and therefore does not run the risk of aliasing the output of the sensor.

In addition to its ultralow power consumption, the ADXL372 has many features to enable impact detection while providing system level power reduction. The device includes a deep multimode output first in, first out (FIFO), several activity detection modes, and a method for capturing only the peak acceleration of over threshold events.

Two additional lower power modes with interrupt driven, wake-up features are available for monitoring motion during periods of inactivity. In wake-up mode, acceleration data can be averaged to obtain a low enough output noise to trigger on low g thresholds. In instant on mode, the ADXL372 consumes 1.4 μA while continuously monitoring the environment for impacts. When an impact event that exceeds the internally set threshold is detected, the device switches to normal operating mode fast enough to record the event.

High g applications tend to experience acceleration content over a wide range of frequencies. The ADXL372 includes a 4-pole low-pass antialiasing filter to attenuate out of band signals that are common in high g applications. The ADXL372 also incorporates a high-pass filter to eliminate initial and slow changing errors, such as ambient temperature drift.

ソフトウェア & システム

X+

デバイス・ドライバ

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADXL372 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

ADXL372 Discussions

探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。