製品概要

機能と利点

  • MAX14916の評価が簡単
  • 誘導性負荷の高速消磁のための内部クランプ
  • 個々のチャンネル異常の検出
  • チャンネルあたり最大2.4Aの負荷電流をサポート
  • USB2PMB2#またはUSB2GPIO#アダプタおよびMunich GUIソフトウェアと連動
  • 組み立てと試験が完了済み
  • 実績のあるPCBレイアウト
  • RoHS準拠

製品概要

MAX14916PMB(ペリフェラル・モジュール・ボード)は、診断機能を備えたMAX14916オクタル1A/クワッド2A工業用ハイサイド・スイッチを評価するためのハードウェアを提供します。ICの動作の詳細については、MAX14916 ICのデータシートを参照してください。このモジュールではMAX14916の機能を利用して、各チャンネルのオンとオフを個別に切り替え、異常を継続的に監視することができます。このモジュールが備えているのはMAX14916の機能のサブセットであることに注意してください。より高い柔軟性を求める場合は、MAX14916評価用キットを参照してください。

MAX14916PMB#には、シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)通信のための12ピンPmod™互換コネクタが備わっています。このペリフェラル・モジュールは様々な方法で使用できます。アナログ・デバイセズでは、Munich GUIソフトウェアを使用してUSBケーブル経由でのSPI通信を行う低価格のUSB2PMB2#アダプタ・ボードやUSB2GPIO#アダプタ・ボードを販売しています。これはこのボードに付属しませんが、アナログ・デバイセズ、またはいずれかのアナログ・デバイセズ販売代理店から入手できます。または、SPI通信用の12ピンPmod互換コネクタを備えたマイクロコントローラやFPGA(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ)を使用することもできます。

PCBの寸法は縦62mm × 横22.6mmで、幅はDO端子ブロックの大きさによって決まります。

ツールおよびシミュレーション

Software Development