バックマン・エレクトロニック社 採用事例


Bachmann logoバックマン社の風力タービン制御システムが誇る9.96%の稼働率を支えるアナログ・デバイセズのコンバータ —

過去10年間にわたって、世界の風力発電所の発電能力は、毎年30%を超える平均累積率で成長しています。その理由は、世界のほぼすべての場所に短時間で設置できる、排気ガスを出さない発電インフラストラクチャの需要が世界的に高まっているからです。2008年に世界中で設置された風力タービンの市場は530億ドルを超え、風力エネルギーはますます重要な産業分野となっています。

Wind turbines
風力タービン・システムの設計者とメーカーは、最大限のエネルギー抽出率と投資収益率を保証するためにシステムの可用性を最大化し、最大25年の寿命期間にわたって信頼性の高い発電を保証できる風力タービンを開発することが求められています。バックマン・エレクトロニック社の風力タービン制御システムは、そうした過酷なライフサイクル条件と信頼性条件を満たすように特に設計されており、現在、世界中の30,000基を超える風力発電所で使用されています。アナログ・デバイセズのA/Dコンバータ(ADC)をはじめとした高精度部品を使用するバックマンの電子制御システムは、99.96%を超えるこれまでにない稼働率を実現し、過酷な条件においても確実かつ完全に機能します。

アナログ・デバイセズのADCは、発電機やパワー・コンバータの制御からシステムの完全性監視にいたるまでの機能に対して、きわめて微細なデータ・アクイジションを支援することで運用の効率と安全性を最大化するのに役立ち、風力タービン・システムにおいて重要な役割を果たします。風力タービン用の状態監視システムでは、バックマンは、アナログ・デバイセズのADCを使用して圧電センサからの信号をデジタル化します。システム面に機械的に結合されたこれらの圧電センサは、圧力変動やサブシステムの変位を示す動きと振動を感知して、機械の故障の可能性を知らせます。

Bachmann;s electric wind turbine control system is housed adjacent to the main turbine during installation
バックマンは、同社の風力タービン状態監視システムにアナログ・デバイセズのオペアンプも利用しており、また同社の広範な産業用制御システム製品群には、マルチプレクサ(Mux)、iCouplerⓇデジタル・アイソレータ、アンプなど、広範囲にわたるアナログ・デバイセズの部品を使用しています。

 

 

 

「アナログ・デバイセズは、広範囲にわたる高性能なコンバータやその他の周辺製品を提供しており、そのようなデバイスを産業用市場向けに供給する卓越した能力を備えています。」
~Gunnar Vogel氏、バックマン・エレクトロニック社 コントロール・システム・プロダクト・マネージャー