LTC6950
warning : 最終販売
searchIcon
cartIcon

LTC6950

クロック分配回路を内蔵した1.4GHz低位相ノイズ、低ジッタPLL

すべて表示 showmore-icon

warning : 最終販売 tooltip
warning : 最終販売 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • 低位相ノイズおよび低ジッタ
  • 付加ジッタ:18fsRMS(12kHz~20MHz)
  • 付加ジッタ:85fsRMS(10Hz~ナイキスト周波数)
  • EZSyncマルチチップ・クロック・エッジ同期
  • ロック表示機能を備えた完全なPLLコア
  • 正規化された帯域内位相ノイズフロア:–226dBc/Hz
  • 正規化された1/f位相ノイズ:–274dBc/Hz
  • VCO入力周波数:最大1.4GHz
  • 独立した4つの低ノイズ1.4GHz LVPECL出力
  • 構成可能な1つのLVDS/CMOS出力
  • 1から63までのすべての整数を対象範囲とする個別にプログラム可能な5つのドライバ
  • 0から63までのすべての整数を対象範囲とする個別にプログラム可能な5つのVCOクロック・サイクル遅延回路
  • 接合部温度範囲:-40°C~105°C
  • ClockWizardソフトウェア設計ツールによるサポート
製品概要
show more Icon

LTC®6950は、クロック分配回路を内蔵した、低位相ノイズの整数分周方式周波数シンセサイザ・コアです。LTC6950は、高周波、高分解能のデータ収集システムで要求される低位相ノイズのクロック信号を供給します。

この周波数シンセサイザは、低ノイズの完全なPLLコアの他に、プログラム可能なリファレンス分周器(R)、プログラム可能な帰還分周器(N)、位相/周波数検出器(PFD)、および低ノイズのチャージポンプ(CP)を内蔵しています。LTC6950のクロック分配部は、VCO入力に基づいて最大5つの出力を供給します。1~63の任意の整数でVCO入力周波数を分周し、0~63のVCOクロック・サイクルだけ出力を遅延させるため、各出力は個別にプログラムされます。出力のうち4つは、ノイズが非常に低く、低スキューで、最大1.4GHzの動作が可能なLVPECLロジック信号を特長としています。5番目の出力は、ロジック・タイプとしてLVDS(800MHz)またはCMOS(250MHz)を選択可能です。また、この出力は、VCO入力またはリファレンス分周器出力に基づいて出力信号を生成するようプログラムすることもできます。


Applications
  • 高速、高分解能のADC、DAC、およびデータ収集システムのクロック制御
  • 低ジッタのクロック信号生成および分配

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
LTC6950IUHH#TRPBF
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

9 24, 2021

- 21_0121

Obsolescence of LTC6945, LTC6946, and LTC6950

LTC6950IUHH#TRPBF

製造中止

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

9 24, 2021

- 21_0121

arrow down

Obsolescence of LTC6945, LTC6946, and LTC6950

LTC6950IUHH#TRPBF

製造中止

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

 
ClockWizard
Info:False

ClockWizard は 、PLLWizard をベースとしており、LTC6950 の評価プロセスを簡単に実行できます。ループ・フィルタ・コンポーネントを設計して最終的な位相ノイズとジッタ性能を予測できるだけでなく、 LTC6950 の出力を時間領域で表示し、それぞれの EZSync 設定に基づいて出力間の位相関係を確認できるスコープ・プロットを採用しています。また、DC590 または DC2026 によって LTC6950 デモ・ボードを制御できます。

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

DC1795A

LTC6950 Demo Board | Integer-N PLL with 5 Outputs (Requires DC590 or DC2026)

zoom

DC1795A

LTC6950 Demo Board | Integer-N PLL with 5 Outputs (Requires DC590 or DC2026)

LTC6950 Demo Board | Integer-N PLL with 5 Outputs (Requires DC590 or DC2026)

製品の詳細

Demonstration circuit 1795A features the LTC6950, a 1.4GHz low phase noise, low jitter PLL with clock distribution. For ease of use, the DC1795A comes installed with a 100MHz reference and a 1GHz VCSO, voltage controlled SAW oscillator with sine wave output. All differential inputs and outputs have 0.5" spaced SMA connectors. The DC1795A has four AC coupled LVPECL outputs with 50Ω transmission lines making them suitable to drive 50Ω impedance instruments. The LVDS/CMOS output is DC coupled. The LTC6950’s EZSync™ function is made available via a turret and an SMA connector.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

Linduino

Linduino はアナログ・デバイセズの Arduino 互換システムで、アナログ・デバイセズ製集積回路のファームウェア・ライブラリおよびサンプル・コードの開発と配布に使用します。Linduino対応の各製品には、LTSketchbook/Part Numberフォルダに定義されたサンプルのメイン・プログラムと、LTSketchbook/librariesフォルダに定義されたドライバ・コードが含まれています。

GitHub上のLinduinoコードのリポジトリとコード使用方法

LTSketchbookをダウンロード

Linduinoを購入

redirectbutton

最近閲覧した製品