絶縁型RS-232

絶縁型RS-232はTIA/EIA-232-Fにより定義されるシリアル通信規格であり、終端処理されていない単純な多心ケーブルを通じてデータを転送するものです。元の仕様はモデムに向けたものでしたが、後続のRS-232トランシーバーは最大1Mbpsのデータ・レートで汎用シリアル・インターフェースをサポートしています。アナログ・デバイセズは、ロジック・レベルのインターフェースとライン・トランシーバーを絶縁することでグラウンド・ループを除去し、データが損なわれないように電圧スパイクやコモンモード・トランジェント現象から保護して、DC/DC電源コンバータを内蔵したオプションを提供する幅広い絶縁型iCoupler®およびμ‎Module® RS-232トランシーバーを提供しています。iCouplerデジタル・アイソレーション技術ソリューションは、PCB上のスペースを最小化し、ノイズの多い環境でシステムの信頼性を確保するために必要な電源絶縁および信号絶縁を実現します。μ‎Module RS-232トランシーバーは、外付け部品なしで電力が最大1W向上した絶縁型RS-232ソリューションを提供します。
製品セレクション・テーブル