産業用イーサネット物理層デバイス

The ADI Chronous Industrial Ethernet physical layer (PHYs) portfolio includes solutions for standard 10 Mbps, 100 Mbps, and 1 Gbps. It also features the new 10BASE-T1L technology for single-pair Ethernet.

Our industry-leading low latency and low power PHY technology maximizes data transmission and signal integrity in deterministic applications by reducing cycle times and system power consumption. It enables superior synchronization of signals across the industrial network and supports the development of TSN.

This portfolio of ultra low power 10BASE-T1L products includes both PHY and MAC PHY solutions to support optimization of system power budgets while offering flexibility in design choice. The unique MAC PHY technology enables the reuse of existing low power processor technologies that do not support traditional Ethernet interfaces, and instead enable connection via SPI.

Having completed extensive EMC and robustness testing, ADI Chronous PHY products are ideally suited for applications demanding predictable and secure communications. Designed to operate over an extended industrial ambient temperature ranges, Industrial Ethernet physical layer devices provide the highest level of reliability for the Industrial Ethernet applications of today and tomorrow.
製品セレクション・テーブル

10BASE-T1Lとは

IEEE 802.3cg-2019規格が10BASE-T1L接続を規定します。単一ペア・イーサネット(SPE)媒体規格であり、1秒あたり10メガビットの通信を実現し、最長1kmの単一のツイスト・ペア・ケーブル上で電力とデータを使用可能にします。

アナログ・デバイセズのChronousポートフォリオの1つである、10BASE-T1L物理層トランシーバーは、エッジ・ノードへのイーサネット接続と直接IPアドレス指定を可能にします。当社の技術により、システムを制御するためのプロセス変数またはビル・パラメータについて新しい知見を伝達できます。これにより、プロセス制御におけるアセット利用が最適化され、ビル管理効率が向上します。

アプリケーション・レベルの価値

Icon of twisted pair cable

低コストの単一のツイスト・ペア・ケーブル

このケーブルは、軽量で低コスト、標準のCATxケーブルよりも小型で、多くの場合、設置も容易です。10BASE-T1L技術により、既存の一部の単一のツイスト・ペア・ケーブル・インフラストラクチャを再利用できます。

Icon of two-sided arrow and the words 1 km

1kmの伝送距離

フィールド・センサーは遠隔地に配置されることが多いですが、既存のイーサネット物理層技術では通常100メートルに制限されます。伝送距離が延びたことで、より長距離のデバイス接続が可能になります。

Icon of meter and the words 10 Mbps

10Mbpsによる新しい知見

4mAから20mAへ、またはフィールド・バスのように、技術と共に帯域幅が著しく増加することで、リモート・ノードから新しい知見を転送できるようになりました。

Icon of lightning bolt and zeros and ones

電力とデータを2本のワイヤで

フィールド・センサーには電力が必要なため、遠隔地ではケーブルで電力を供給できることが重要です。この規格は、本質安全アプリケーションでは最大500mWの電力、非本質安全アプリケーションでは60Wまでの電力の供給を促進しています。これはケーブルによって異なります。

Icon of explosion warning symbol

本質安全アプリケーション

本質安全アプリケーションのゾーン0/ゾーン1領域での配備をサポートしているため、イーサネットを危険な場所まで延長できます。


10BASE-T1Lによる新しいデータ、新しい知見

長距離、単一ペア・イーサネットの10BASE-T1L物理層デバイスは、インダストリ4.0バージョンのシームレス接続の実現に向かう革新的なものを提供しています。この技術は、イーサネット接続を遠隔地のエッジ・ノードまで延長することで、新しいデータ・ストリーム、追加のプロセス変数、および送信される補助測定値を有効にします。

10BASE-T1Lのパンフレットを見る

Thumbnail of brochure

産業用物理層デバイス(PHY)とは?

産業用イーサネットPHYは、OSIネットワーク・モデルに基づいてイーサネット・フレームを送受信するための物理層トランシーバー・デバイスです。イーサネットは、OSIモデルでは第1層(物理層)および第2層(データ・リンク層)の一部を受け持ち、IEEE 802.3標準によって定義されています。物理層は、種々の電気信号、信号速度、メディアおよびコネクタのタイプ、ネットワーク・トポロジの仕様を規定し、1000BASE-T(1000Mbps)、100BASE-TX(銅線使用で100Mbps)、および10BASE-T(10Mbps)標準のイーサネット物理層部分を担います。

データ・リンク層はメディアを介した通信方法と、送受信されるメッセージのフレーム構造に関する仕様を規定します。すなわち、ビット・ストリームからデータを取り出すには、ビットをどのようにワイヤから取り出し、どのようなビット配列にするのかを示します。イーサネットでは、これをメディア・アクセス制御、または略してMACと呼びます。

産業用PHYを選択する際の重要な考慮事項

産業用イーサネット物理層デバイスの自動化アプリケーションには、高い信頼性とネットワークの回復力を確保する上で欠かせない重要機能がいくつかあります。

産業用PHY選択時の重要な考慮事項

産業用イーサネット物理層デバイス向けオートメーション・アプリケーションでは、高信頼性およびネットワークのレジリエンスを確保するために求められる重要な機能がいくつかあります。
Icon of a bar chart

性能

ネットワーク・サイクル時間は、コントローラがすべてのデバイスのデータ・メモリを収集して更新するために必要な通信時間です。低遅延のPHYでは、ネットワーク・サイクル時間が短くなるため、ネットワークの更新時間が短縮されると共にネットワークに接続できるデバイス数が増加します。

Icon of a sledge hammer

堅牢性

PHYは、過酷な動作環境下に置かれた場合、外部の放射ノイズ源および伝導ノイズ源に対する耐性を備えるように構築されます。CISPR 32およびIEC 61000-4-2~IEC 6100-4-6などのEMI/EMC標準に従ってテストされ、適合した製品を選択してください。この堅牢性が、認証を得るために後の開発フローで延々と再設計を繰り返すことを回避する助けとなります。

Icon of a battery with down arrow symbol

低消費電力

産業用アプリケーション向けデバイスは、通常、IP65等級またはIP66等級で埃や湿気から保護されています。そのため、空気の流れが抑制され消費電力に制限が生じます。また、これらのデバイスは産業環境でしばしば高い周辺温度にさらされます。ライン・トポロジやリング・トポロジには2つのポートと2つのPHYが必要であるため、消費電力はデータの入出力で2倍になります。

注目の技術記事

Diagram of PLC network

過酷な産業環境におけるタイム・クリティカル通信用の堅牢なイーサネット物理層ソリューション

ギガビットの速度でシームレスかつ堅牢な接続に最適な物理層ソリューションを選択する方法をご確認ください。アナログ・デバイセズの物理層技術により、消費電力、遅延、ソリューション・サイズについての課題を解決しましょう。

インダストリ4.0の価値を解明する

Diagram of field instruments network

10BASE-T1L接続によるフィールドへのシームレスなイーサネットの実現

10BASE-T1L物理層ソリューションの追加により、フィールドとクラウドを接続したプロセス・オートメーション設備(食品飲料、製薬、石油ガスの施設の危険な場所を含む)への移行がどのように可能になったのかご確認ください。

10BASE-T1Lの可能性について知る

製品のハイライト

Illustration of ADIN1100 microchip

10BASE-T1Lでイーサネットを端まで

プロセス制御のフィールド計測機器またはインテリジェント・ビル内のセンサー・ノードからの新しい知見にアクセスしましょう。10BASE-T1L用ADIN1100についてのビデオをご覧ください。

ADIN1100の概要を見る

Illustration of ADIN1300-1200 microchip

低遅延, ギガビット, 産業用イーサネットPHY

産業用イーサネット・アプリケーション専用に構築されたADIN1300およびADIN1200イーサネット・トランシーバーについて詳細をご覧ください。ギガビットの速度で低消費電力、低遅延の技術を提供しながら、過酷な環境下で確実に動作するために必要な堅牢性を実現します。

ADIN1300/ADIN1200の概要を見る