アイソレーション・アンプ(絶縁アンプ)

アイソレーション・アンプ(絶縁アンプ)は、フォトカプラやシャント・レギュレータを使用する電源設計に比べて高い性能のアイソレーション技術をシングルチップで提供します。アナログ・デバイセズのADuM3190とADuM4190絶縁型エラー・アンプは、400kHzの帯域幅を持ち、25℃での標準初期精度は0.5%、-40~+125℃の拡張温度範囲での合計精度は1%です。これにより、AC/AC電源やDC/DC電源のメーカーは、速度と温度範囲を大幅に向上し、過渡応答を5倍も改善できます。

製品セレクション・テーブル