バッファ内蔵型 アナログ・クロスポイント・スイッチ

アナログ・デバイセズのビデオ・クロスポイント・スイッチは、主に、スタジオ、ビデオ・オン・デマンド、機内エンターテインメント、監視、ビデオ会議などのアプリケーションにおいて、コンポジット・ビデオ信号(NTSC、PAL、SECAM)やコンポーネント・ビデオ信号(YUV、RGB)を含む高速信号のルーティングに使用します。

バッファ内蔵型 アナログ・クロスポイント・スイッチは、比較的低速のアナログ・データのルーティング向けに最適です。