ADV7625
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADV7625

HDMI 5:2クロスポイント・トランシーバ、3GHz、オン・スクリーン・ディスプレイ付

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • 5入力、2出力クロスポイントHDMI®トランシーバ
  • HDMIのサポート、
    3GHzビデオのサポート(例4K×2k)、
    オーディオ・リターン・チャンネル(ARC)、
    3D TVのサポート、
    コンテント・タイプ・ビット、
    CEC1.4互換、
    拡張色
  • 文字とアイコン・ベースのオン・スクリーン・ディスプレイ(OSD)、
    業務用3Dフォーマット上の3D OSDオーバーレイ、
    3GHzビデオ・フォーマット上のOSDオーバーレイをサポート
  • 広帯域幅デジタル・コンテント・プリテククション(HDCP 1.4)
  • HDCPリピータのサポート、
    最大127kSVsをサポート
  • 300MHzの最大TMDSクロック周波数(最大4k×2k)
  • 48ビット、36ビット、30ビットのディープ・カラー入力モードをサポート
  • 超低ジッタを備えたPLL内蔵(100%デ・スキュー)
  • 詳細はデータシートをご参照ください。

製品概要
show more Icon
ADV7625は、クロスポイントおよびスプリッタ機能を持つ、高性能、5入力、デュアル出力の高解像度マルチメディア・インターフェース(HDMI®)トランシーバです。ADV7625は、3GHzビデオをサポートし、2つの独立したHDMIレシーバ、2つの独立したHDMIトランスミッタ、2つのオーディオ出力ポート、2つのオーディオ入力ポートおよびピクセル・ポート入力を特長としています。ADV7625は、アナログ・デバイセズでのリピータ・ソフト・ライブラリとドライバについて完全なテストを通して、全てのHDCPリピータ機能をサポートします。

ADV7625内のHDMIレシーバとトランスミッタは、全ての業務用HDMI 3D TVフォーマットに加えて、最大24Hz / 25Hz / 30Hzで4k×2kの3GHzビデオ・フォーマットの受信と送信をサポートします。またレシーバとトランスミッタは、THX®メディア・ディレクタ™に関するサポートの提供もします。

各HDMIレシーバは、最長30mまでの長さのケーブルとのインターフェースでの堅牢な動作を確実にするためのイコライザも内蔵しています。HDMIレシーバは、768バイトの揮発性拡張ディスプレイ・アイデンティフィケーション・データ(EDID)メモリをシェアします、これによって1つまたは2つのEDID、各レシーバに1つを行うことができます。各HDMIポートは、専用の5V検出とHot Plug™アサート・ピンを備えています。

各HDMIトランスミッタは、オーディオ・リターン・チャンネル(ARC)をサポートし、内蔵のHDMI CEC制御は、ディスカバリと制御(CDC)をサポートします。

ADV7625は、2つのオーディオ出力ポートと2つのオーディオ入力ポートを提供します。各オーディオ・ポートは、HDMIストリームにオーディオ・データの出力または入力の最大8チャンネルまでの取り出しと挿入をサポートします。HDMIオーディオ・フォーマットには、I2S、S/PDIF、ダイレクト・ストリーム・デジタル(DSD)および高ビットレート(HBR)オーディオのサポートが含まれています。

ADV7625は、TTLピクセル・ポート入力を特長としており、アナログ・フロントエンド・デコーダ(例えばADV7180、ADV7181DまたはADV7842)からのデジタル・ビデオ・データを受信できます。

ADV7625は、高品質文字の創造と制御、およびアイコン・ベースのシステム状態と制御ディスプレイを可能とする、内蔵のオン・スクリーン・ディスプレイ(OSD)を備えています。OSDは、3GHzビデオ・フォーマットと3Dビデオ上にオーバーレイすることができます。OSDの使用について興味を持つカスタマには、Blimp、アナログ・デバイセズOSD開発ツールが提供されています。

ADV7625は、省スペース、15mm×15mm、260ボールCSP_BGA表面実装、RoHS準拠パッケージを採用しており、0℃~70℃の温度範囲にわたって仕様化されています。

アプリケーション

  • AVR
  • HDMIリピータでサポートされたサウンドバー
  • マトリクス・スイッチ
  • 他のリピータ・アプリケーション

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADV7625KBCZ-8
  • HTML
  • HTML
ADV7625KBCZ-8-RL
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

10 14, 2015

- 14_0188

ADV7625, ADV7626 & ADV7627 Metal Edits

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

10 14, 2015

- 14_0188

arrow down

ADV7625, ADV7626 & ADV7627 Metal Edits

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

reference details image

EVAL-ADV7625

ADV7625 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADV7625

ADV7625 Evaluation Board

ADV7625 Evaluation Board

製品の詳細

The Advantiv® EVAL-ADV7625-SMZ video evaluation board (AVEB) is a low cost solution for evaluating the performance of the ADV7625 HDMI transceiver.

The evaluation board provides a Blackfin® ADSP-BF524 processor for system control. The ADSP-BF524 offers the potential to process audio (no audio software is included). The evaluation board includes software (firmware) that provides a serial command interface to control the board's functionality.

reference details image

EVAL-MELODY-5

EVAL-MELODY-5 Evaluation Board

zoom

EVAL-MELODY-5

EVAL-MELODY-5 Evaluation Board

EVAL-MELODY-5 Evaluation Board

機能と利点

  • HDMI input and output with HDCP 1.4 technology support
  • Audio decoding using 1 or 2 ADSP-21489 devices
  • Differential line level analog audio output

These boards contain an integrated circuit that requires the recipient to be a licensee of HDCP technology. Please contact your local sales office for more information.

製品の詳細

The EVAL-MELODY-5 evaluation board is a platform that allows users to evaluate Analog Devices products intended for decoding high quality digital audio signals.

The EVAL-MELODY-5 evaluation board provides a Blackfin® ADSP-BF524 processor for system control and two SHARC® ADSP-21489KSWZ-4B processors for audio decoding. This evaluation board also includes High-bandwidth Digital Content Protection (HDCP) 1.4 technology. To order this evaluation board, the user must be licensed for the HDCP 1.4 technology.

Full specifications for the ADSP-21489 and the ADSP-BF524 are listed in the ADSP-21489 data sheet and the ADSP-BF524 data sheet available from Analog Devices and must be consulted in conjunction with UG-784 when using the evaluation board.


These boards contain an integrated circuit that requires the recipient to be a licensee of HDCP technology. Please contact your local sales office for more information.

最近閲覧した製品