ADP2384
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADP2384

ステップダウンDC-DCレギュレータ、20V、4A、同期型

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.04
特長
  • 入力電圧:4.5V~20V
  • 内蔵MOSFET:44mΩ / 11.6mΩ
  • リファレンス電圧:0.6V±1%
  • 連続出力電流:4A
  • プログラマブルなスイッチング周波数:200kHz~1.4MHz
  • 外部クロックへの同期機能:200kHz~1.4MHz
  • 180°位相差クロックの同期
  • 高精度なイネーブルとパワーグッド
  • 外部補償機能
  • 外付け調整オプションによる内部ソフトスタート機能
  • 充電された出力へのスタートアップ
  • ADIsimPower™設計ツールによってサポート可能

製品概要
show more Icon
ADP2384は、同期型ステップダウンDC-DCレギュレータで、44mΩのハイサイドのパワーMOSFETと11.6mΩの同期型整流MOSFETを内蔵して、小型4mm×4mmのLFCSPパッケージで高効率ソリューションを提供します。この製品は、ピーク電流モード、定周波数のパルス幅変調(PWM)制御スキームを使っており、優れた安定性とトランジエント応答を実現しています。ADP2384のスイッチング周波数は、200kHz~1.4MHz間でプログラムすることができます。システム・ノイズを最小化するために、同期型機能によって、スイッチング周波数を外部クロックに同期させることができます。

ADP2384は、最小の外付け部品を必要とし、4.5V~20Vの入力電圧で動作します。

出力電圧は、0.6Vから入力電圧の90%まで調整することができ、連続電流として4Aまで供給できます。各ICでは、ディスエーブル時は入力から100μA以下しか電流が流れ込みません。

このレギュレータは、高効率性と設計の柔軟性を必要とする高性能アプリケーションをターゲットとしています。外部補償と調整可能なソフトスタート機能は設計での柔軟性を提供します。パワーグッド出力と高精度なイネーブル入力は、シンプルで信頼性のあるパワ・シーケンシングを提供します。

その他の特長として、アンダー電圧ロックアウト(UVLO)機能、オーバー電圧保護(OVP)、オーバー電流保護機能(OCP)、ショートサーキット保護(SCP)それにサーマル・シャットダウン(TSD)機能、があります。

ADP2384は-40℃~+125℃のジャンクション温度範囲にわたって動作し、24ピン、4mm×4mmのLFCSPパッケージを採用しています。

アプリケーション

  • 通信インフラストラクチャ
  • ネットワーキング、サーバー
  • 工業用および計測機器
  • 健康機器、医療機器
  • 中間電源としてのレール変換(他の電源と負荷の間に挿入して異なる電圧源を作る)
  • DC/DCポイント・オブ・ロード(POL)アプリケーション

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$2.04

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADP2384ACPZN-R7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

10 18, 2016

- 16_0036

Assembly Relocation to Stats ChipPAC Jiangyin and Test Transfer to Stats ChipPAC Singapore of Select LFCSP Products

6 25, 2014

- 13_0246

Assembly and Test Transfer of Select 3x3, 4x4, 5x5 and 7x7 mm LFCSP Pre-plated Leadframe Products to STATS ChipPAC China

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

10 18, 2016

- 16_0036

arrow down

Assembly Relocation to Stats ChipPAC Jiangyin and Test Transfer to Stats ChipPAC Singapore of Select LFCSP Products

6 25, 2014

- 13_0246

arrow down

Assembly and Test Transfer of Select 3x3, 4x4, 5x5 and 7x7 mm LFCSP Pre-plated Leadframe Products to STATS ChipPAC China

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 6

reference details image

AD-PZSDR2400TDD-EB

2チャンネル、2400MHz TDDアプリケーション

zoom

AD-PZSDR2400TDD-EB

2チャンネル、2400MHz TDDアプリケーション

2チャンネル、2400MHz TDDアプリケーション

製品の詳細

AD-PZSDR2400TDD-EBは、AD9361と連動する設計の2.4GHz TDDアナログ・モジュールです。AD9361は、3Gおよび4G基地局や試験装置のアプリケーション、ソフトウェア定義無線などのRFアプリケーションに使用することが意図された高性能の高集積化RFトランシーバーです。AD-PZSDR2400TDD-EBは、愛情をこめて最初の「RFパーソナリティ・カード」と呼ばれています。ADRV1CRR-FMCキャリア・カードに差し込まれます。35mm U.FL同軸ケーブルは、このカードをADRV9361-Z7035 SDR SOMに接続し、AD9361の送受信入力にアクセスできるようにします。カード上の情報、カードの使用方法、周りのデザイン・パッケージ、動作に必要なソフトウェアは、wikiページを参照してください。


AD-PZSDR2400TDD-EBの目的は、AD9361の送受信信号を調整するためのパスをユーザに示すことです。TXまたはRXパスは、FPGAと付属のソフトウェアによって制御される200MHz~2.7GHzのSPDTスイッチHMC546によって実現されます。送信パスは、2.4GHzフィルタ、ハーフ・ワット・ドライバ・アンプADL5324、および2ワット・パワー・アンプHMC921で構成されています。受信パスは、同じ2.4GHzフィルタと低損失LNA HMC669で構成されています。

reference details image

EVAL-ADP2384/ADP-2386

ADP2384/ADP2386 評価用ボード

zoom

EVAL-ADP2384/ADP-2386

ADP2384/ADP2386 評価用ボード

ADP2384/ADP2386 評価用ボード

製品の詳細

ADP2384/ADP2386評価用ボードはユーザがADP2384/ADP2386の性能をほぼ理想的なプリント回路基板(PCB)レイアウトで評価できるフル機能4 A/6 A, 20 V、ステップダウン・レギュレータ・ソリューションです。

スイッチング周波数は200 kHz ~ 1.4 MHzの範囲で設定するか、あるいは外部クロックに位相シフト 180°で同期させる(縦続接続可能な多相電源回路を可能になります)事ができます。

ADP2384/ADP2386評価用ボードの出力は 3.3 Vにプリセットされており、スイッチング周波数は600 kHzに設定されています。受動素子を適切に変える事により別の出力電圧に設定する事ができます。動作周囲温度範囲は-40°C~+85°Cです。

ADP2384 /ADP2386レギュレータの詳細はアナログ・デバイセズから提供されているADP2384/ADP2386データシートに述べられていますが、ユーザー・ガイドも参照してください。

reference details image

EVAL-AD9546

AD9546評価用ボード

zoom

EVAL-AD9546

AD9546評価用ボード

AD9546評価用ボード

機能と利点

  • 6V AC電源とオンボードLDO電圧レギュレータを使用したシンプルな電源接続
  • HCSL用の出力終端を備えた10個のAC結合出力SMAコネクタ
  • 2個のシングル・エンドAC結合リファレンス入力(1個の差動AC結合リファレンス入力としても使用可能)
  • 1個のシングル・エンドAC結合リファレンス入力および1個のシングル・エンドDC結合リファレンス入力(差動AC結合リファレンス入力が同時に作成されるように設定可能)
  • ピンはプログラマブルで、パワー・オン・レディに設定可能
  • ステータスLED
  • USB接続を使用したPC制御
  • シンプルなグラフィカル・ユーザー・インターフェースを備えたMicrosoft Windowsベースの評価用ソフトウェア

製品の詳細

AD9546評価用ボードは、AD9546の多入力、10出力、デュアル・チャンネル、数値クロック・シンクロナイザの全機能を評価できる、コンパクトで使いやすいプラットフォームです。AD9546は、ITU-G.8262、ITU-T G.812、ITU-T G.813、ITU-T G.823、ITU-T G.824、ITU-T G.825、ITU-T G.8273.2.など、サービス・プロバイダ・パケット・ネットワーク上での周波数、位相、および時刻の配信に関する国際電気通信連合(ITU)の既存の標準と新しい標準をサポートしています。

AD9546の10のクロック出力は、最大4つの入力リファレンスのいずれか1つに同期しています。デジタル・フェーズ・ロック・ループ(DPLL)により、外部リファレンスに関係するタイミング・ジッタを低減します。すべてのリファレンス入力が使用できなくなった場合でも、デジタル制御されたループおよびホールドオーバー回路が、低ジッタの出力信号を引き続き生成します。AD9546のシステム・クロックは、52MHz水晶発振器により提供されます。または、外部クロック信号がSMAコネクタで提供されることもあります(この機能を有効にするには、関連するコンポーネントに差し込まれている必要があります)。

アプリケーション

  • 5Gタイミング伝送高精度同期
  • GPS(全地球測位システム)、PTP(IEEE 1588)、同期イーサネット(SyncE)ジッタ・クリーンアップおよび同期
  • 光伝送網(OTN)、同期デジタル階層(SDH)、マクロ・セルおよびスモール・セル基地局
  • 小型基地局のクロック(ベースバンドおよび無線)
  • Stratum 2、Stratum 3e、Stratum 3ホールドオーバー、ジッタ・クリーンアップ、および位相トランジェント制御
  • A/Dコンバータ(ADC)およびD/Aコンバータ(DAC)のクロック駆動におけるJESD204Bのサポート
  • キャリア・イーサネット
reference details image

AD-FMCADC4-EBZ

ADA4961 & AD9680 Analog Signal Chain Evaluation and AD9528 Converter Synchronization

zoom

AD-FMCADC4-EBZ

ADA4961 & AD9680 Analog Signal Chain Evaluation and AD9528 Converter Synchronization

ADA4961 & AD9680 Analog Signal Chain Evaluation and AD9528 Converter Synchronization

機能と利点

  • Four channels of 1.0 GSPS conversion utilizing JESD204B high speed serial interface
  • Driver amplifier interface with 21dB voltage gain adjustment
  • Optional on-board or external clocking
  • Specific design and I/O added for multi-board synchronization

製品の詳細

The AD-FMCADC4-EBZ is a high speed 4-channel data acquisition board featuring two AD9680 dual channel ADC at 1000 MSPS and four ADA4961 low distortion, 3.2 GHz, RF DGA driving each converter. The FMC form factor supports the JESD204B high speed serial interface. All clocking and channel synchronization is support on-board using the AD9528 clock generator. This product is designed for sampling wide bandwidth analog signals up to the second Nyquist zone. The combination of wide input bandwidth, high sampling rate, and excellent linearity of the AD9680 is ideally suited for spectrum analyzers, data acquisition systems, and a wide assortment of military electronics applications, such as radar and jamming/anti-jamming measures.


The board meets most of the FMC specifications in terms of mechanical size, mounting hole locations, and more. Although this board does meet most of the FMC specifications, it’s not meant as a commercial off the shelf (COTS) board. If you want a commercial, ready to integrate product, please refer to one of the many FMC manufacturers and the FMC specification (ANSI/VITA 57.1).

This board is targeted to use the ADI reference designs that work with Xilinx development systems. ADI provides complete source (HDL and software) to re-create those projects (minus the IP provided by the FPGA vendors, which we use), but may not provide enough info to port this to your custom platform.

The design of the board is specifically tailored to synchronizing multiple AD-FMCADC4-EBZ boards together. For more information on synchronization please refer to A Test Method for Synchronizing Multiple GSPS Converters. The reference design includes the device data capture via the JESD204B serial interface and the SPI interface. The samples are written to the external DDR-DRAM. It allows programming the device and monitoring its internal registers via SPI.

reference details image

EVAL-FMCDAQ3-EBZ

High speed data acquisition FMC board

zoom

EVAL-FMCDAQ3-EBZ

High speed data acquisition FMC board

High speed data acquisition FMC board

機能と利点

  • Provides two channels of ADC and two channels of DAC with full synchronization capabilities
  • FMC-compatible form factor
  • Powered from single FMC connector

製品の詳細

The AD-FMCDAQ3-EBZ module is comprised of the AD9680 dual, 14-bit, 1.25 GSPS, JESD204B ADC, the AD9152 dual, 16-bit, 2.5 GSPS, JESD204B DAC, the AD9528 clock, and power management components. It is clocked by an internally generated carrier platform via the FMC connector, comprising a completely self-contained data acquisition and signal synthesis prototyping platform. In an FMC footprint (84 mm × 69 mm), the module’s combination of wideband data conversion, clocking, and power closely approximates real-world hardware and software for system prototyping and design, with no compromise in signal chain performance.


Applications

  • Electronic test and measurement equipment
  • General-purpose software radios
  • Radar systems
  • Ultra-wideband satellite receivers
  • Signals intelligence (SIGINT)
  • Point to point communication systems
  • DOCSIS 3.0 CMTS and HFC networks
  • Multiple input/multiple output (MIMO) radios
  • Automated test equipment

reference details image

AD-FMCOMMS11-EBZ

Direct RF to Baseband Transmit Radio

zoom

AD-FMCOMMS11-EBZ

Direct RF to Baseband Transmit Radio

Direct RF to Baseband Transmit Radio

機能と利点

  • TX
    • 16-bit 12GSPS RFDAC
    • JESD204B Interface
      • 8 lanes up to 12.5Gbps
    • 1x/2x/4x/6x/8x/12x/16x/24x/32x Interpolation
    • 64-bit NCO at max rate
    • Analog Modes of Operation:
      • Normal Mode: 6GSPS DAC rate
        • Synthesis up to 2.5GHz (1st Nyquist)
      • Mix Mode: 6GSPS DAC rate
        • Synthesis in 2nd & 3rd Nyquist zones
      • 2X Normal Mode: 12GSPS DAC rate
        • Synthesis up to 6GHz (1st Nyquist)
      • Excellent dynamic performance
  • RX
    • 3.2GHz full power bandwidth at 2.5GSPS
      • Noise Density = -149.5dBFs/Hz, ENOB = 9.5 bits
      • SFDR = 77 dBc at 1GHz Ain (2.5Gsps)
      • SFDR = 77dBc at 1.8GHz Ain (2.5Gsps)
    • +/-0.3 LSB DNL, +/-1.0 LSB INL
    • Dual supplies : 1.3V and 2.5V
    • 8 or 6 Lane JESD204B Outputs
    • Programmable clipping threshold for Fast Detect output
    • Two Integrated wide band digital down converters (DDC) per channel
      • 10-bit complex NCO
      • 2 cascaded half band filters (dec/8, dec/16)
    • Timestamp for synchronous processing alignment
      • SYSREF Setup/Hold detector
    • Programmable Interrupt (IRQ) event monitor

製品の詳細

The AD-FMComms11-EBZ board is a system platform board for communication infrastructure applications that demonstrates the Direct to RF (DRF) transmitter and observation receiver architecture. Using high sample rate RFDAC(s) and RFADC(s), a number of components in previous generation transmitters can be eliminated, such as mixers, modulators, IF amplifiers and filters. The objective being to bring the ADC or DAC as close to the antenna as possible, leading to possibly more cost effective and efficient communications solution.

It is composed of multi-GSPS RF ADC and DAC, AD9625 and AD9162 respectively. The transmit path contains a balun, low pass filter, gain block and variable attenuation to produce an output appropriate for a power amplifier module. Along the observation path, the PA output is coupled back into the board through a variable attenuator, a balun and finally the ADC. Clock management is taken care of on board; all the necessary clocks are generated from a reference. Power management is present as well.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 4

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近閲覧した製品