ADMV1128A
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADMV1128A

24GHz~29.5GHz、5G、マイクロ波アップコンバータ/ダウンコンバータ

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格
価格は未定
機能
  • アップコンバータ(トランスミッタ)、ダウンコンバータ(レシーバー)、LOチェーンを2×または4×乗算器のオプション付きで1つのチップ内に統合
  • RF周波数範囲:24GHz~29.5GHz
  • LO入力周波数範囲:x2モードでは8GHz~15GHz、x4モードでは5GHz~7.5GHz
  • アップコンバータとダウンコンバータの両方で2つの動作モード
    • 差動ベースバンドI/Qから直接コンバージョン(ベースバンド・モード)
    • オプションのオンチップ・ハイブリッドにより複素IF動作(IFモード)に対応
  • 受信モードで0.7V~1.5Vの設定可能なベースバンド出力コモンモード電圧(SPIまたは物理ピンを介して設定)
  • 送信モードで0V~1.5Vのベースバンド入力コモンモードに対応する設定可能なミキサー・ゲート電圧
  • インピーダンス50Ωに整合したシングルエンドRF入出力およびRFスイッチ・ポート
  • インピーダンス50Ωに整合したシングルエンドLO入力
  • 低位相バリエーションとゲイン制御
  • アップコンバージョン・モード
    • サイドバンド除去比とキャリア・フィードスルーの最適化
    • LOフィードスルー・キャリブレーションのためのエンベロープ・ディテクタ
  • ダウンコンバージョン・モード
    • イメージ除去およびI/Qアンバランスの最適化
    • ベースバンドI/QのDCオフセット補正
    • レシーバーのゲイン設定を行うためのレシーバー・ミキサー用パワー・ディテクタ
  • LOチェーンの機能
    • 可変ゲインにより、様々なLO駆動強度に対応
    • 360°位相制御シフタによりLO同期を実現
    • 設定可能なLO高調波除去フィルタ
    • I/Q位相補正
  • 外部ピンによる高速TDDスイッチング時間
  • アレイ・キャリブレーション用キャリブレーション・プローブ
  • 3線式または4線式のSPIを介して設定可能、ADMV4828 インターフェースと互換性あり
  • 6mm × 6.5mm、BGAパッケージ(「外形寸法」セクションを参照)
製品概要
show more Icon

ADMV1128Aは、シリコン・オン・アイソレータ(SOI)のマイクロ波アップ/ダウンコンバータです。5G無線設計向けに最適化され、24GHz~29.5GHzの周波数範囲で動作します。

アップコンバータとダウンコンバータの両方に2つの周波数変換モードがあります。一方のモードはシングルエンド信号または複素中間周波数(IF)信号との変換用で、信号は変換後にオンチップ90° IFハイブリッドを通過します。これを、IFモードと呼びます。

もう一方のモードは、差動ベースバンドの同相/直交位相(I/Q)入出力を直接変換するもので、ベースバンド・モードと呼ばれています。I/Qベースバンド出力のコモンモード電圧は、0V~1.5Vの範囲で設定できます。SPIによって直交位相の微調整が可能となり、I/Q復調の性能を最適化できます。

このデバイスをイメージ除去ダウンコンバータとして使用する場合、不要なイメージの項をキャリブレーション前に24dBc以上(代表値)除去します。ADMV1128Aは、ダウンコンバータのミキサー入力における電力レベルを監視できる2乗検波パワー・ディテクタです。

RF受信入力、RF送信出力および局部発振器(LO)インターフェースはすべてシングルエンドで、50Ωに整合されています。オンチップRFスイッチには、送信用/受信用RFポートを組み合わせた時分割複信(TDD)アプリケーション用のオプションがあります。

シリアル・ポート・インターフェース(SPI)によって直交位相の調整が可能となり、最適なサイドバンド除去比を実現します。更に、SPIを使用することにより、キャリア・フィードスルーの最適化が不要な場合に出力エンベロープ・ディテクタをパワーダウンして、消費電力を削減できます。

ADMV1128Aアップ/ダウンコンバータは、小型の熱強化型6mm × 6.5mm、ボール・グリッド・アレイ(BGA)パッケージに収容されています。このBGAパッケージでは、パッケージの上側からADMV1128Aにヒートシンクを設置して、最も効率的な放熱を実現できます。ADMV1128Aは、−40°C~+95°C TCの温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • 5G用ミリ波アプリケーション
  • ポイントtoポイント・マイクロ波無線
  • レーダーおよび電子戦システム
  • 計測器およびATE(自動試験装置)

電子メールでアナログ・デバイセズ(mmWave5G@analog.com)までお問い合わせください。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADMV1128ABBCZ
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品