ADL5336
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADL5336

VGA(可変ゲイン・アンプ)、IF用、カスケード接続可能、プログラマブルRMS検出付

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • RMSのAGC検出器を備えたVGAのペアー
  • VGAおよびAGCモードでの動作が可能
  • 連続ゲイン制御範囲:48 dB
  • ノイズ指数(NF)=6.8dB@最大ゲイン
  • 1.0Vp-p複合出力に対して62dBc以上のIMD3
  • 差動入力/差動出力
  • VGA2では、マルチプレクス入力が可能
  • プログラマブルな検出AGCセットポイント
  • プログラマブルVGA最大ゲイン
  • パワーダウン機能
  • 5 V単電源動作
製品概要
show more Icon
ADL5336は、一対の可変ゲイン・アンプ(VGA)から構成されており、カスケードIFアプリケーション向けに設計されています。アンプは、dB値で直線的なゲイン制御を備えており、低い周波数から1GHzの周波数で動作します。これらアンプの制御範囲にわたった優れたゲイン適合性と周波数にわったるゲイン平坦性は、高性能可変ゲイン制御に使われている革新技術である、アナログ・デバイセズ特許収得済みのX-AMP® アーキテクチャに負っています。

各VGAは、24dBのゲイン制御範囲を持っています。これらの最大ゲインは、SPIを介して、それぞれ独立に6dBレンジで、プログラム可能となっています。VGAは、合計48dBの範囲を提供するようにカスケード接続することができます。1:4のバランを介して50Ωのソース・インピーダンス源に接続した場合、ゲインは6dB高くなります。2番目のVGAは、SPIのプログラマブル入力スイッチを持っており、2つの外部入力のうちの1つを選択します。

200Ωのソースまたは1:4のバランを介した50Ωのソースからドライブされた場合、複合アンプでのノイズ指数(NF)は、最大ゲイン時で6.8dBとなります。各VGAの出力は、100Ω負荷を最大5Vp-pでドライブすることができます。

各VGAは、自立での自動ゲイン制御(AGC)動作用のために、個別に2乗則検出器を持っています。各検出器のセットポイントは、SPIを介して、-24dBV~-3dBV間を3dBステップで個別にプログラムすることができます。両方のVGAがAGCモードにアレンジされ、同じセットポイントにプログラムされた場合、複合のNFは、最大ゲインから18dBほど減少した時に、9dB増加します。

ADL5336は、5Vの供給電源で動作し、80mA(typ)の電流を消費します。ディセーブル時の消費電流は4mAです。この製品は、最新シリコン・ゲルマニウムBiCMOSプロセスで製造され、露出パドル付きの32ピンLFCSPを採用しています。性能は、-40~+85℃の温度範囲にわたって仕様規定されています。

アプリケーション

  • ポイントtoマルチ・ポイント間無線
  • 計測機器
  • 医療機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADL5336

ADL5336 Evaluation Board

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

IF & BB VGA とプログラマブル BB フィルタを応用したIQ 復調器ベースの受信 IF 回路 ※Rev.0を翻訳したものです。新ver.は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0248

IF & BB VGA とプログラマブル BB フィルタを応用したIQ 復調器ベースの受信 IF 回路 ※Rev.0を翻訳したものです。新ver.は英語資料をご覧ください。

CN0248

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
IF & BB VGA とプログラマブル BB フィルタを応用したIQ 復調器ベースの受信 IF 回路 ※Rev.0を翻訳したものです。新ver.は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • IF-to-based receiver
  • 30MHz to 2GHZ quadrature demodulation
  • Low EVM
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

zip

2403 kB

最近表示した製品