ADF4106
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

ADF4106

PLL周波数シンセサイザ、6GHz、整数N

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 帯域幅:6.0GHz
  • 電源電圧:2.7~3.3V
  • 電源ピンと別のチャージ・ポンプ用電源(VP)使用時、3Vシステムでチューニング電圧が拡張可能
  • プログラマブル・デュアル・モジュール・プリスケーラ8/9、16/17、32/33、64/65
  • プログラマブル・チャージポンプ電流
  • プログラマブル・アンチバックラッシュ・パルス幅
  • 3線シリアル・インターフェース
  • アナログとデジタルのロック検出
  • ハードおよびソフトでのパワーダウン・モード機能
ADF4106-EPは、防衛および宇宙航空アプリケーション(AQEC)をサポートします
  • ADF4106-EPのデータシート(pdf)はこちらからダウンロードできます。
  • ミリタリ温度範囲:−55°C ~+125°C
  • 製造ベースラインにて制御
  • 組み立て/テストは同一工場
  • 製造工場は一箇所に限定
  • PCN(製品変更通知)を強化
  • 品質データは要求に応じて入手可能
  • DSCC図面番号:V62/11606
製品概要
show more Icon

周波数シンセサイザADF4106は、ワイヤレス受信器及び送信器のアップ・コンバージョンやダウン・コンバージョン部で使われる局部発振器(LO)として使うことが出来ます。この製品は、ローノイズのデジタル位相周波数デテクタ(PFD)、高精度チャージ・ポンプおよびプログラマブルなリファレンス・デバイダ、プログラマブルなAカウンタとBカウンタ、及びデュアル・モジュールのプリスケーラ(P/P+1)から構成されています。Aカウンタ(6ビット)とBカウンタ(13ビット)はデュアル・モジュール・プリスケーラ(P/P+1)と組み合わせて、Nデバイダ(N=BP+A)が作られます。さらに、14ビットのリファレンス・カウンタ(Rカウンタ)で、PFD入力のREFIN周波数を選択することができます。このシンセサイザICに、外部のループ・フィルタと外部の電圧制御発振器(VCO)を組み合わせることで、完全なPLLが実現します。この非常に高い帯域は、多くの高周波システムにおいて、周波数のダブラの必要性を排除できることを意味し、システム・アーキテクチャを簡素化しコストを削減します。

ADF4106-EPは、防衛および宇宙航空アプリケーション(AQEC規格)をサポートします

アプリケーション

  • ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス
  • 衛星システム
  • 計測機器
  • ワイヤレスLAN
  • ワイヤレス無線でのベース・ステーション

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-ADF4106

ADF4106評価用ボード

zoom

EVAL-ADF4106

ADF4106評価用ボード

製品の詳細

このページには、ADF4106 PLLの評価に使用される評価用ボードのオーダー情報が記載されています。

この評価用ボードにはPCに接続するためのSDPコントローラ・ボードが必要です。SDPコントローラ・ボードを、USB 2.0を介してPCに接続します。評価用ボードをSDPコントローラ・ボードに接続します。評価用ボードをPCに直接接続することはできません。PCで実行されている評価用ソフトウェアは、SDPコントローラ・ボードを介して、評価用ボードと通信します。SDPコントローラ・ボードは、以下のオーダー・ガイドに記載の別売り品(EVAL-SDP-CS1Z)となります。SDPコントローラ・ボードをこれまでに購入されていない場合は、包括的な評価セットアップを確実にするため、是非ご購入ください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 4

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

高性能フェーズ・ロック・ループの 低周波数の範囲を拡大する ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0290

高性能フェーズ・ロック・ループの 低周波数の範囲を拡大する ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

CN0290

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
高性能フェーズ・ロック・ループの 低周波数の範囲を拡大する ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • 低周波数の範囲を拡大したフェーズ・ロック・ループ
  • 局部発振周波数:最小10MHz、基準周波数:最小100MHz
  • 低歪みと低位相ノイズ
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

最近閲覧した製品