ADAU1442
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

ADAU1442

デジタル・オーディオ・プロセッサー、SigmaDSP®、柔軟なオーディオ・ルーティン・マトリクス

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.10
特長
  • 改善されたサウンド・プロセッシングのための完全プログラマブルなオーディオ・デジタル信号プロセッサー(DSP)
  • カスタム信号フローの開発用の、グラフィカルなプログラミング・ツールSigmtuaSdio™
  • 172MHzSigmaDSPコア、3584種の命令/サンプル@48kHz
  • 4kのパラメータ用RAM、8kのデータ用RAM
  • 柔軟なオーディオ・ルーチング・マトリクス(FARM)-S/PDIF Rx/Tx - 最大8倍までの非同期サンプル・レート・コンバータ(1:8~7.75:1比、139dBのDNR)
  • シリアルとTDM・I/Oの24チャンネルをサポート、最大fS=192kHz
  • 通常のオーディオ・クロックからコア用クロックを生成するPLL内蔵
  • 170msまでのデジタル・オーディオ遅延@48kHz
  • 詳細については、データシートを参照してください。

製品概要
show more Icon
ADAU1442/ADAU1445/ADAU1446は、さらに強化されたオーディオ・プロセッサーで、全ての入力および出力信号のルーティングに関して完全な柔軟性を備えています。SigmaDSP®のコアは完全28ビットのプロセッサー(倍精度モードでは56ビット)を特長としており、フィルタの安定を確実にするためにパラメータのローディングを同期させ、SigmaStudio™ツールとは100%コード互換を備えています。このDSPは、システム設計者が実世界では制限のあるスピーカ、アンプ、リスニング環境などの補正を可能としています。その結果、スピーカ・イコライセイション、マルチバンドの圧縮、リミッタと3rdパーティの認知されたアルゴリズムを通して可聴オーディオ品質を大幅に改善することができます。

柔軟なオーディオ・ルーティング・マトリクス(FARM)によって、ユーザは複数の信号源からの入力をマルチプレクスし、種々のサンプルレートで SigmaDSPコアに、あるいは SigmaDSPコアから動作させることができます。これによってオーディオ・システムにおける信号のルーティングとクロッキング事項についての複雑さを大幅に低減します。FARMは最大8種のステレオ・非同期サンプルレート変換器(デバイス・モードに依存する)、ソニー、フィリップスのデジタル・インターコネクト・フォーマット(S/PDIF)入力と出力、シリアル(I2S)、およびタイム・デビジョン・マルチプレクシング(TDM)I/Oを含んでいます。これらの入力のいずれも、 SigmaDSPコア、あるいは、いずれの非同期サンプルレート変換器(ASRCs)にもルーティンすることができます。同様にして、どの出力信号もSigmaDSPコアまたはどのASRC出力からも取り出すことができます。このルーティングの仕組みは、いつでも制御レジスタを介して変更可能で、システムの柔軟性を最大化できます。

ADAU1442、ADAU1445とADAU1446の違いはASRC機能とパッケージだけです。ADAU1442/ADAU1445は、ASRCを16チャンネル含んでおり、TQFPにパッケージ化されています、一方ADAU1446はASRCは含んでおらずLQFPパッケージとなっています。ADAU1442は9個のクロック領域を、ADAU1445は3個のクロック領域をADAU1446は一個のクロック領域を扱うことができます。

ADAU1442/ADAU1445/ADAU1446は2種類の動作モードの一つで制御されます;チップの設定がロードされSPI/I2Cポートを介して動的にアップデートされるか、あるいはDSPはマイクロコントローラなしでシステム内の外部EEPROMから自己ブートすることができます。また、多目的バンク(MP)ピンが用意されており、汎用目的のデジタルI/Oとして、あるいは4チャンネルの補助制御A/Dコンバータの入力として使うことができます。

ADAU1442/ADAU1445/ADAU1446は、SigmaStudio、グラフィカルな開発環境によってサポートされます。このソフトには以下のようなオーディオ・プロセス・ブロックが含まれています:FIRとIIRフィルタ、ダイナミック・プロセッサ、ミキサー、カスタム信号フローを迅速に開発するための低レベルDSP機能と3rdパーティのアルゴリズム。

アプリケーション

  • 自動車用オーディオ・プロッセシング
    ヘッド・ユニット
    ナビゲーション・システム
    後部座席エンターテイメント・システム
    DSPアンプ(サウンド・システム・アンプ)
  • 民生用オーディオ・プロセッシング

データシート, Rev. B, 04/10

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.10

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADAU1442YSVZ-3A
  • HTML
  • HTML
ADAU1442YSVZ-3A-RL
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

6 22, 2015

- 14_0259

Assembly Transfer of Select 10x10 and 14x14 TQFP_EP Products to Amkor Philippines

1 5, 2009

- 07_0077

Certification of STATSChipPAC Shanghai, China and AMKOR Philippines as additional sources for Assembly & Test of QFP Packages

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

6 22, 2015

- 14_0259

arrow down

Assembly Transfer of Select 10x10 and 14x14 TQFP_EP Products to Amkor Philippines

1 5, 2009

- 07_0077

arrow down

Certification of STATSChipPAC Shanghai, China and AMKOR Philippines as additional sources for Assembly & Test of QFP Packages

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

EVAL-ADAU1442

ADAU1442 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADAU1442

ADAU1442 Evaluation Board

ADAU1442 Evaluation Board

機能と利点

EVAL-ADAU1442EBZ
  • Other ADI Components:
    AD1938 (2)
    AD8608
    ADP3336
    ADP3339
    ADM811
  • Analog In:4 Stereo TRS (3.5mm)
  • Analog Out:8 Stereo TRS (3.5mm)
  • Digital I/O: USBi-I2C/SPI, SPDIF I/O, I2S-I/O (TDM)  
  • DC Supply: 6 V 

製品の詳細

Full-featured ADAU1442 SigmaDSP evaluation board with a full set of analog and digital input/output connections, including I2S, TDM, and S/PDIF. USBi, 6 V power supply and an attachable GPIO control board are included in the package

EVAL-ADUSB2EBZ

ADUSB2EBZ Evaluation Board

zoom

EVAL-ADUSB2EBZ

ADUSB2EBZ Evaluation Board

ADUSB2EBZ Evaluation Board

機能と利点

EVAL-ADUSB2EBZ "USBi"
  • Digital I/O: USB input, I2C/SPI output
  • DC Supply: 5 V (USB) 

製品の詳細

The Analog Devices USBi “USB Interface” (EVAL-ADUSB2EBZ) board is the interface between your PC's USB port and SigmaDSP hardware's data input pins. This interface can be used with any evaluation board which includes an External SPI/I²C header (Aardvark Header). The EVAL-ADUSB2EBZ board is capable of both SPI and I²C communication (which is user selectable) and can supply IOVDD of either 3.3V or 1.8V.The USBi interface is powered from the computer's USB port.

To Install the USBi Board:

  • Connect the USB cable to the USBi Board a spare USB port on your PC.
  • The Windows “Found New Hardware Wizard” will launch.
  • Choose “Install from a list or a specific location” and click “Next”.
  • Select “Search for the best driver in these locations” and Check the box for “Include this location in the search.”
  • Press the “Browse” button and locate the appropriate driver file in the SigmaStudio application folder (default folder is C:\Program Files\Analog Devices Inc\Sigma Studio\USB drivers): Select the CyUSB.inf file.
  • Click “Continue Anyway” if you're prompted with “This software has not passed Windows Logo testing.”

Using USBi in SigmaStudio:

To communication between SigmaStudio and the USBi board, a communication channel block must be added to the Schematic design. To locate the block, select the Hardware Configuration Tab, in the ToolBox or Tree ToolBox window choose the “Communication Channels” category, and select the USBi block.


USBi

This block provides connections for multiple processors (ICs / DSPs), allowing you to use multiple processors in a single design. This block allows you to explicitly specify both the communication protocol (SPI or I²C) and the part's address, I²C address or SPI catch line. The DSP hardware's address must match the block's selected address for communication to function properly. See the parts data sheet for more information about addressing (e.g. ADR_SEL, ADDR0, or ADDR1 pins). The default USBi protocol is I²C, to enable SPI, you must first select an SPI address in the block's drop down menu and then perform three write operations (e.g. press the write button the Register Read/Write Window 3 times). The USBi hardware has LEDs which indicate the current mode, I²C or SPI.

最近閲覧した製品