ADAU1373
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADAU1373

オーディオ・コーデック、低消費電力、スピーカー / ヘッドフォン・アンプ内蔵

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • 1つのステレオADCと2つのステレオDAC内蔵(サンプリング・レート:8kHz~48kHz)
  • 低消費電力:レコード:7mW、プレーバック:6mW、48kHz@1.8V
  • 8つのシングルエンドまたは4つの差動入力(PGA付)
  • 電流センス付の2つのマイクロフォン・バイアス・リファレンス電圧
  • 2つのステレオ・デジタル・マイクロフォン入力
  • 柔軟なアナログ入力 / 出力ミキサー
  • 1つのステレオ差動または2つのステレオ・シングルエンドのライン出力
  • グランド中心の真のステレオ・クラス―Gヘッドフォン・アンプ、16Ωに2×50mWの能力(@1.8V、10%THD)
  • フィルタレスのステレオ・クラス―Dスピーカ・アンプ、8Ωに2×880mWの能力(@3.6 V、10%THD)
  • 差動イヤホン・アンプ、32Ωのドライブが可能
  • 2つのPLLは、8kHz~27MHzの入力クロックをサポート
    詳細はデータシートをご参照ください。

製品概要
show more Icon
ADAU1373は、低消費のステレオ・オーディオ・コーデックでデジタル・オーディオ・プロセッサを内蔵しており、ステレオの48kHzレコードとプレーバックをサポートします。ステレオのオーディオADCとDACは8kHz~48kHzのサンプリング・レートとデジタル音量制御をサポートします。

-12dB~+18dBのゲイン調整のためのPGAを備えた8つのシングルエンド入力または4つの差動アナログ入力が提供されています。これらは、マイクロフォンあるいはライン・レベル信号として構成することができます。

2つのステレオ・デジタル・マイクロフォン入力がサポートされており、合計で4つのデジタル・マイクロフォンを接続することができます。更に、いろいろなサンプル・レートの信号をサポートするための非同期式のサンプル・レート・コンバータ(ASRC)付の3つのシリアル・デジタル・オーディオ入力 / 出力が提供されていますので、移動電話アプリケーションでの柔軟なシステム設計が可能となります。入力はADCの前でミキシングやマルチプレクスすることができます、あるいはADCをバイパスする構成も可能です。信号を内部でルーチングするための柔軟なミキシング・オプションを持った、2つのステレオDACが内蔵されています。

アナログ出力側は、ライン出力、ヘッドフォン出力、スピーカ出力およびレシーバ出力で構成されています。2つの差動出力として構成可能な、2つのステレオ・シングルエンド・ライン・レベル出力が含まれています。ヘッドフォン出力は、グランドをセンターとした真のステレオで(結合コンデンサの必要性を省く)、効率の良いクラス―G(レール・スイッチング)アーキテクチャとなっています。効率の良いステレオのフィルタレス・クラスDスイッチング・アンプは、スピーカに対して1Wのステレオ・パワーを提供します。差動のレシーバ・アンプは、セパレートしたレシーバ・スピーカに接続するように使うことが出来ます。8kHz~27kHzの入力にロックできる2つのPLLブロックも含まれています。

このDSPは、システム設計者が実世界では制限のあるマイクロフォン、スピーカ、アンプ、リスニング環境などの補正を可能としています。その結果、イコライセイション、マルチバンドの圧縮、リミッタを通して可聴オーディオ品質を大幅に改善することができます。SigmaStudio™グラフィカル開発ツールは以下のようなオーディオ処理ブロックが含まれており:フィルタ、ミキサー、ダイナミック・プロセッサ、カスタム信号フローを迅速に開発するためのアンプ:これはADAU1373をプログラムするために使われます。

アプリケーション

  • 携帯電話
  • タブレットPC
  • 電子書籍(e-book)
  • ポータブル・メディア・プレーヤ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品