製品概要

機能と利点

  • デュアルAFEチャンネル
  • アナログ/デジタルコア用電源電圧:1.8V
  • 軽減範囲を備えたLVDS出力のシリアル・データ出力
  • 差動アナログ入力
  • 相関ダブル・サンプリング(CDS)またはSHA(CDSをバイバス):-3dB、0dB、+3dBと+6dBゲイン
  • 6 dB~42 dBの10ビット可変ゲイン・アンプ(VGA)
  • 14ビット、65 MHz A/Dコンバータ(ADC)
  • 可変レベル制御付き黒レベル・クランプ機能
  • Precision Timingコア分解能:240ps@75MHz

製品概要

AD9978は、高速デジタル・ビデオ・カメラ・アプリケーション向けの、高集積デュアル・チャンネルのCCD信号プロセッサです。各チャンネルは最大75MHzのピクセル・レートで仕様化されており、ADC変換含む完全なアナログ・フロントエンドを内蔵しています。Precision Timing™コアの使用により、相関ダブル・サンプラー(CDS)とサンプル・アンド・ホールド・アンプ(SHA)クロックの調整が75 MHz動作に対して約240psの分解能で可能です。AD9978はまた、デュアル・チャンネルのデータ出力に対して、軽減範囲の低電圧差動シグナリング(LVDS)インターフェースを内蔵しています。

各アナログ・フロントエンドには、黒レベルへのクランプ機能、CDS、VGAおよび14ビット、75MHzのA/Dコンバータが含まれています。動作は、3線式シリアル・インターフェースを介してプログラムされます。

この製品は、省スペース、6×6 mmの40ピンLFCSPパッケージを採用し、動作温度範囲−25°C ~+85°Cにわたって仕様化されています。

アプリケーション
  • デジタル・ビデオ・カメラ
  • デジタル静止画カメラ(DSC)
  • デジタル・コピー
  • 多機能プリンタ
  • 高速工業用カメラ

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。