粘土板テスト

ADP7185は相補的金属酸化物半導体 (CMOS)、低ドロップ アウト (LDO) レギュレータ −5.5 V −2.0 Vから動作し、出力電流の −500 mAまで提供しています。 これは高出力電流LDOはミックスド ・ シグナル回路 −4.5 V. 使用高度な独自アーキテクチャまで − 0.5 Vから動作、ハイパワーしなやかな除去比 (PSRR) と低ノイズ、ADP7185を提供します小さな4.7 μ Fのセラミック出力コンデンサーでの優れたラインおよび負荷過渡応答を実現、高性能アナログの調節に最適。

特長と利点

  • 入力電圧範囲: −2.0 V −5.5 Vに 
  • 出力電流範囲: 0 −300 ma mA
  • 出力電圧精度: ±2.6%
  • 使用温度範囲: +125 ° Cに − 40 ° C 
  • 2つの外付け抵抗で設定調整可能なオプション電圧
    • (R1及びR2) V= − 0.5 V × (1 + R1・R2)