温度センサー内蔵の特定用途向け素子

TM_002特定のアプリケーションでは、主機能とあわせて、温度のモニタリングが必要なケースがあります。例えば、近年のバッテリー材料は非常に高いエネルギーを蓄積できるため、温度と電流の制御は、安全・安心を実現する上で欠かせない機能です。

アナログ・デバイセズでは、こうした特定アプリケーションに向けた温度モニタリング・ソリューションとして、温度センサー内蔵の特定アプリケーション向け素子を提供しています。本素子は、温度のセンシングに加えて、電圧や電流の監視、閾値温度の検出(温度スイッチ)など、各アプリケーションの課題をシングル・パッケージで解決するデバイスです。

代表的な特定アプリケーション向け素子スペック比較


用途 出力 温度測定
分解能
測定精度
(温度範囲内)
温度範囲 特長・備考
LTC2942
LTC2943
LTC2944
バッテリー
充放電ゲージ
+温度センサー
I2C /SMBus 3℃ ±3℃ -40℃~+85℃ 20V~60Vに対応
動作電流80μA
LTC2996 温度スイッチ
(ウィンド・コンパレータ)
アナログ 4mV/°K - ±1℃ -40℃~+125℃ 設定は外部抵抗
センサーは外
Diも可
スイッチは2ビット・デジタル
AD7416
AD7417
AD7418
ウィンド・
セットポイント・
スイッチ
I2C 0.25℃ ±2℃ -55℃~+125℃ スイッチ出力は
オープンドレイン
ADC外部入力あり
LTC2992 I/Vモニター
+温度センサー
I2C 1.5℃ ±1.5℃ -40℃~+85℃ 電圧精度±0.25%
電流精度±0.75%

アナログ・デバイセズの温度センサー内蔵の特定アプリケーション向け素子を採用するメリット

アプリケーションが必要とする要件を1チップで解決

アナログ・デバイセズの温度センサー内蔵の特定アプリケーション向け素子は、主機能にあわせて温度のモニタリングが必須となる、バッテリーの充放電・電流監視や、ファンコントロールなど、さまざまな要件をシングル・パッケージで解決できるデバイスです。温度と他の情報を統合して管理、制御できる本素子は、アプリケーションの保護機能を向上させ、安全性を高めます。

例えば、バッテリーの監視用温度センサーLTC2944は、温度のセンシングに加えて、バッテリーの微弱な電流変化を捉えるデバイスです。バッテリーを監視するために端子間を流れる微細な電流の変化を、正確に計測するアナログ・クーロン・カウンタを搭載。通過する電子の個数をカウントし、バッテリー状態のモニタリングをシングル・パッケージで実現します。

バッテリーの監視をシングル・パッケージで実現できるLTC2944の計測端子

おすすめ製品