3D Rendering of Analog Devices CES 2022 Booth
3D Rendering of Analog Devices CES 2022 Booth

アナログ・デバイセズのブースへお越しください
CES® 2022を巡る発見の旅
アナログ・デバイセズのブースへお越しください
CES® 2022を巡る発見の旅
CES_Bar_No_Location_2

View Our CES 2022 Automotive Demonstrations

オートモーティブ用電子部品:明日の車を実現

もしも、今すぐに未来の車を体験できるとしたら

電気化とBMSに関して最先端を行くアナログ・デバイセズの能力は、自動車の走行距離、速度、クリーンさを向上する助けとなります。それと同時に、パーソナライズとネットワーク接続を実現する没入型デジタル・キャビン環境と自動運転における技術革新は、最先端のスタイルを反映した快適な形でこの目標を達成することを約束します。

音声のエッジ処理:ノイズに邪魔されない音声入力

もしも、同乗者に話しかけるのと同じように車に話しかけることができたとしたら

アナログ・デバイセズのLISTN™音声エッジ処理ソリューションは、車内での高品質な音声通信を可能にして、より快適で生産的な、しかも車との一体感が得られるドライビング環境を提供します。

ジェスチャー・センシング:ドライバーの安全を強化

もしも、手を振って車に合図を送ることができるとしたら

例えば、風の騒音がある状況や赤ちゃんが寝ているような状況であるために音声による制御が現実的でない場合でも、ドライバーは装置を操作するために路面から目を離すわけにはいきません。アナログ・デバイセズの技術は、自動車対応型モーション・センシングによって、単純ながら重要なジェスチャーを捉えることを可能にし、ドライバーの安全をさらに高めます。

オートモーティブ・オーセンティケータ:実証された安全性、セキュリティ、将来への対応

もしも、使用している車のすべての部品が純正品で、その安全性とセキュリティを確信できたとしたら

ネットワークへの接続機能を持つ自動車部品のエコシステムはますます複雑化しており、悪意によって、あるいはその他何らかの理由によってネットワーク接続が不正に利用された場合の危険性も増しています。リチウムイオン電池、ADASセンサー、ヘッドライトは、このような部品のほんの一例に過ぎません。オーセンティケータは、自動車に何らかの機器を接続した場合に、承認済みの信頼できるECUが高品質の部品だけを使用し、制御するようにします。

BMS:バッテリの寿命

もしも、バッテリの寿命が尽きないとしたら

アナログ・デバイセズのBMSとBMS技術は、全ライフサイクルの管理を通じて、すべての電気化とサステナビリティに関するロードマップをサポートします。これは、コストの削減と複雑さの緩和、そして再設計、再使用、修理の過程を簡素化できることを意味します。

E<sup>2</sup>B: ゾーン・アーキテクチャの可能性を発見

もしも、自動車のソフトウェアをスマートホン並みの手軽さでアップグレードできたとしたら

高度な電気化と没入型のデジタル・キャビン環境が、ゾーン・アーキテクチャへの移行を促しています。アナログ・デバイセズのE2B(Ethernet to the Edge)技術は、効率的なゾーン型ネットワーク接続と合理化されたソフトウェア・アップデートを可能にしながら、配線と電力の削減を通じてサステナビリティを促進します。

Exterior LED Lighting: Easier on the Eyes, on the Road

What if we could seamlessly blend style and safety?

ADI-powered matrix solutions enable glare free LED external lighting in automotive applications. This not only has a major impact on road safety, allowing for visibility improvement without blinding oncoming traffic, but also power design breakthroughs like animated lighting, merging style with function.

ステア・バイ・ワイヤ:構造の検討

もしも、バッテリの電力を1ミリワットたりとも無駄にすることがないとしたら

アナログ・デバイセズは、電気化における「ゼロ電力」位置検出を進めることを通じてバッテリ効率の最大化を支援し、すべてのバッテリから最大限の電力を取り出します。

ローカル調光ディスプレイ:適応型キャビン内LED照明

もしも、夜間走行に伴うリスクの解消がリスク部分の照明から始まるとしたら

より快適で安全なキャビン内運転環境を追及する活動の中で、アナログ・デバイセズは、よりはっきりとしたコントラストの調光可能コマンド・ディスプレイを実現する技術に力を入れています。これは運転中の眼精疲労を軽減する一方で、エッジリット・ディスプレイで使われる電力の50%を削減します。

先進的運転支援システム:最大限の効率で完全性を向上

もしも、自動車を可能な限り高い標準に保ったとしたら

完全自動運転という未来を現実のものとするには、最大限の厳格さと有効性でリスクを排除する必要があります。アナログ・デバイセズの高電力密度統合ASIL-D ADASは、先進的運転支援システムの最前線に位置する優れたソリューションです。これと同様のサイズや低価格を実現し、なおかつ電力密度、効率、あるいは機能的安全性に関してこれ以上の性能を備えたソリューションはありません。

CES 2022におけるアナログ・デバイセズのすべてのデモ

Woman using a virtual reality headset

コンスーマ・デモ

インタラクティブ・ゲーム、サウンド増幅、次世代ノイズ・キャンセレーション、オーディオ・ビームフォーミング、パーソナル・オーグメンテーション、その他様々なデモを通じ、アナログ・デバイセズがどのようにして、ご家庭やオフィスの空間を、より優れた没入感を実現できる豊かなものにしようとしているのかをご覧ください。

Doctor using a next generation tablet computer to view charts and patient information

ヘルスケア・デモ

現代では、真にパーソナライズされたヘルスケアがより重視されるようになっています。バイオメトリクス、睡眠時バイタル・センシング、ゲーム化されたヘルス・モニタリング、データ管理などの技術が、家庭をどのように治療の場に変えていくのかをアナログ・デバイセズの展示でご覧ください。