インダストリー4.0、デジタル工場、インダストリアルIoTなど呼び方は様々ですが、これが生み出す新たなレベルの生産性は、企業にとってもコンスーマにとっても魅力的です。

従来、工場では、生産性を最大限に高めるために、常に複数のラインを同期させてスムーズに稼働させることが大前提でした。しかし今日のコンスーマの嗜好は、より多くの多様性とカスタマイゼーションを要求しており、製造ラインには、停止時間を最小限に抑えながら柔軟性を更に向上することが求められます。工程の効率化と品質保証は、過去数十年にわたって継続的改善のための最も一般的な方法でした。生産性向上へ向けた次の最前線には何が待ち受けているのでしょう。将来の工場がこの問題への対応方法を見直す際に、アナログ・デバイセズの技術が役立つのです。

アナログ・デバイセズの環境センシングを使用すれば、機械がそれを取り巻く条件(温度、湿度、振動、騒音など)を監視・理解する手助けとなり、維持管理に必要な条件をより的確に予測できるようになります。モーション検知と適切なTSN対応イーサネットは通信速度を向上させ、工場の現場で作業者とともに作業するコボットを同期する際の軸となります。これによって工場内のロボットの周囲でも人間が安全に作業できるようになり、両者を分離する必要がなくなります。これらの先進的技術のいくつかはすでに広く普及していますが、その他の技術はまだ開発の緒に就いたばかりです。アナログ・デバイセズは、時が来ればこれらの技術を導入して工場のスマート機能や予測機能の強化と一層の自動化を実現できるような、将来的に応用性の高いソリューション開発に取り組んでいます。これらすべての改善がお客様のダウンタイムを大幅に短縮して、スピーディな市場投入と生産性向上をもたらすのです。

 

アナログ・デバイセズはIndustry 4.0の導入を加速します

  • 柔軟なアーキテクチャが生産能力の拡大と迅速な設定変更を可能にします。

  • 低消費電力のソリューションがより高い効率を実現し、工場の運用コストを削減します。

  • 確実かつ安全な有線通信と無線通信が、エッジとのイーサネット接続やタイム・センシティブ・ネットワーク(TSN)への明確な経路を提供します。

  • 標準化と証明に関する厳密な要求により、機能的な安全性を確保します。

  • サイバーセキュリティ戦略を強化すれば、急速に数を増しているコネクテッド・デバイスから生じるサイバー脅威の阻止に役立てることができます。

Now to Next(現在から未来へ)

当社のインダストリ4.0エグゼクティブ・ガイドは、今日のインダストリ4.0のビジネス機会を最大限に活用できるよう、6つの効果的なビジネス事例を掲載しています。現在何ができ、次はどうなるのか、更にそこへ到達する最も賢明な方法とは、について、実際的な知見が得られます。

エグゼクティブ・ガイドをダウンロード

Now to Next

OtoSense開発者:
セバスチャン・クリスチャン Sebastien Christian

OtoSense AIエンジニアリングディレクターのセバスチャン・クリスチャンは、人間の感覚について独自の考え方を持っています。 機械学習に革命を起こした彼が、何をどのように考え、理解しているのかをご覧ください。

セバスチャンについて

Sebastien Christian

インダストリ4.0アプリケーションでのアナログ・デバイセズの機能

You May Also Like: