バック時や車線変更時に障害物に近付くとドライバーに警告をしてくれる自動車は、すでに広く普及しています。これらの運転支援技術は、衝突警告機能や衝突緩和機能、あるいはブラインドスポット・モニタリングといった先進運転支援システム(ADAS)アプリケーション用のレーダーを使用します。近年開発されたレーダー・モジュールの約50%には、アナログ・デバイセズ(ADI)の技術が採用されています。

レーダーは全天候自動運転技術開発の中核的な存在ですが、自動車の意思決定機能をより高度なものにしようとすれば、カメラやライダー(LIDAR:光による検出と測距)など、より多くのセンサーが必要になります。

自動運転車の設計におけるアナログ・デバイセズの取り組みの中には、光が自動車自体の視覚を提供できるのかどうかを調査することが含まれています。当社の革新的技術は、車体に搭載されたライダーを通じた光のパルスを使用するもので、これをレーダー、慣性センサー、カメラ、超音波と組み合わせて、車体が道路を認識しながら走行することを可能にします。乗員、機械、貨物に対する安全性が極めて重要な産業において、アナログ・デバイセズは複数のセンシング様式を融合して冗長性を備える必要性に関し、強い立場を取っています。レーダー、カメラ、超音波の他、探知装置も使用することで、自動車の信頼できる動作に必要な安全手段を増強しています。

完全な認知機能を備えた自動車とは、車体の現状と周囲の状況変化(およびその特性)の両方を認識できるものを言います。このインテリジェント機能と車体の状態(位置、速度、走行経路、機械的状態)を改善することは、より安全で使いやすい自動運転の実現にも貢献します。もちろん、これらすべてのことは、あらゆる機能の基礎となる基本センサーに依存します。

光パルスのような単純なものが私たちの日常生活を向上させるこのような技術を作り出すことを、これまで誰が考えたでしょうか?
アナログ・デバイセズはそれを実現しました。


アナログ・デバイセズ:自動運転車実現への道

認知センサーは車両周囲の非常に詳細な画像を作成して、システムが迅速かつ確実に障害物を検出/分類し、より安全な運転のためにこれに対処したり警告を発したりすることを可能にします。

ナビゲーション・ソリューション はGPS信号が届かない場所(例えばトンネルなど)での自動運転を可能にし、より高い安全性を提供します。

パワー・ソリューションは、最大限の効率と最小限の熱設計オーバーヘッドを実現します。

Meet the scientist behind the science: Ron Kapusta

Ron Kapusta, ADI Fellow, is helping shine a light on autonomous transportation. See what drives him to push ADI’s breakthrough technology into high gear.

Read about Ron

Ron Kapusta

アナログ・デバイセズのChris Jacobsが当社の自動運転ソリューションについて語る

You May Also Like: