スタートアップ企業を募集

Analog Garageとつながる

Analog Garageでは、アクセラレータ・パートナーを通して、次の大きなアイデアを実現するための戦略的リソースや資金を提供しています。多くの起業家は、アクセラレータ・パートナーを通してAnalog Garageとつながることを選んでいます。ここに紹介するアクセラレータ・パートナーのプロフィールをご覧になり、ご自分の得意分野に合ったパートナーを見つけてください。または、info@analoggarage.comまで直接お問い合わせください。

Alchemist Accelerator

B2B(エンタープライズ)顧客開発モデルに特化して、幅広いアイデアを生み出しています。

Alchemist Acceleratorに申し込む

Greentown Labs

世界が直面する最大のエネルギー、環境問題を解決するためのクリーン・テクノロジーを開発するハードウェア重視の起業家集団です。

Greentown Labsに申し込む

Bolt

アイデアが実を結ぶ前、製品になる前のハードウェアへの資金提供を専門にしています。サンフランシスコに拠点を置き、さまざまな専門家が在籍するサポート・チームが担当します。

Boltに提案資料を送る

MassChallenge

ボストン、イスラエル、メキシコ、スイス、英国のインキュベータが、業界を問わず起業家を支援しします。

MassChallengeに申し込む

MassChallenge Healthtech

デジタル・ヘルスを専門とするチームで、起業家を専門家、関係機関、リソースに結びつけます。

MassChallenge Healthtechに申し込む

SkyDeck

カリフォルニア大学バークレー校の指導を無償かつ持ち株なしで、また同校の膨大なリソースを提供します。

SkyDeckに申し込む

AIのIQを上げる

Princetonの研究者たちはアナログ・デバイセズとコラボレーションし、ニューラル・ネットワーク(人間の脳のしくみに基づいてモデル化されたコンピュータ・アルゴリズム)の性能の効率を大幅に高めるチップを作りました。

ストーリーを読む

Raising AIS

アナログ・デバイセズ:企業イノベーション・センター(抜粋)

アナログ・デバイセズのエマージング・ビジネス・グループ・ヴァイス・プレジデントであるPat O’Dohertyが、スタートアップ企業と起業家企業および非営利インキュベータと連携する方法について説明しているビデオの抜粋をご覧ください。

大学パートナーを通してAnalog Garageとつながる

大学プログラムは、基礎研究から応用技術への転換を推進し、新しい世代の科学者やエンジニアを教育することを目的としています。一流大学の研究がAnalog Garage社内の活動を補完しており、高度な技術開発に携わる機会を提供しています。アナログ・デバイセズとコラボレーションした主要なプログラムへのリンクを以下に示します。

mit

Microsystem Technology Laboratory(MTL)の活動は、集積回路、システム、電子機器や光子機器、MEMS、バイオMEMS、分子機器、ナノテクノロジー、センサー、アクチュエータを包含しています。物質の範囲はSiやGe以外にも広がり続け、III-V化合物半導体、窒化物半導体、グラフェンおよび2D物質、ポリマー、ガラス、有機物など多岐にわたっています。

MTLプログラムの詳細

MIT.nanoは、ナノスケール研究用の新しい学際的施設であり、共有施設がMITのあらゆる学科および学部の職員、学生、研究者に加えて、MIT外部の教育および産業ユーザーに開放されています。

MIT.nanoプログラムの詳細

バークレー

UC Berkeley Wireless Research Center(BWRC)は、大学、業界、政府による研究パートナーシップのリーダーとして認識されており、高性能なアナログ、デジタル、およびミックスド・シグナル用途における回路およびシステム・オンチップ・イノベーションの先駆者となっています。

BWRCプログラムの詳細

Berkeley Sensor & Actuator Center(BSAC)は、マイクロおよびナノ・スケール・センサ、可動機械素子、マイクロ流体光学、物質、および集積回路、バイオ、ポリマー技術の前進を活用したプロセスとシステムに関して、業界に関連する学際的研究を実施しています。

BSACプログラムの詳細

スタンフォード

Stanford SystemX Allianceは、スタンフォード大学とメンバー企業のコラボレーションであり、世界レベルの研究を行い、埋め込み知能による本当の意味でのユビキタス・センシング、コンピューティング、通信の実現を目指す博士課程卒業生を生み出しています。

SystemX Allianceプログラムの詳細

virginia-tech

Center for Power Electronics Systems(CPES)はもっぱら、あらゆるサイズのシステム(バッテリで動作する電子機器から車両、地方や国の配電システムまで)に影響を与える電力処理および配電の改善を目的としています。

CPESプログラムの詳細

イリノイ

Center for Advanced Electronics through Machine Learning(CAEML)の使命は、電子設計オートメーションに使用されるモデルを導き出す機械学習アルゴリズムを作成することにより、超小型電子回路およびシステムの高速で正確な設計と検査を可能にすることです。

CAEMLプログラムの詳細

michigan

Mcityは、車両が接続および自動化された新しい時代への移行をリードしています。Centerの仕事は技術にとどまらず、交通や移動性の未来のあらゆる側面を考えています。

Mcityプログラムの詳細