当社のプロジェクト

Analog Garageは、アナログ・デバイセズの将来の成功に不可欠な画期的な技術、機能、ビジネス・モデルを生み出すことに専門的に取り組む研究開発イノベーション・センターです。アナログ・デバイセズはお客様の現在の課題と今後予測される課題を解決するのに役立つ新しいアイデアと技術を特定して入手し、育てています。Analog Garageでは、アナログ・デバイセズの従業員、社内の事業部門、スタートアップや大学が、効率的に学べて本気で取り組める実験環境で協力しながら、困難な課題の解決に必要なビジネス・サポートと技術サポートを得ることができます。実際、多くのAnalog Garageプロジェクトはお客様の課題に有用な情報を提供する事業部門に関係しています。

最近の素晴らしいAnalog Garageプロジェクトの一部をご覧ください。

最近のAnalog Garageプロジェクト

アナログ・デバイセズ:未来を試着

私たちの体が伝えてくれるデータを聞けるようになると実現できることを掘り下げて探りながら、アナログ・デバイセズStitch™ Garmentのサイズが合うか試着してみてください。アナログ・デバイセズの技術はセンサー、アルゴリズム、電力に関する最も困難な課題に取り組んでいます。その取り組みが、まったく新しい市場機会を生み出す新製品の開発に役立っています。すべて洗濯機洗いが可能で、給電の手間もかかりません。

アナログ・デバイセズによる非接触バイタル・サイン・モニタリング

アナログ・デバイセズは患者の利便性を向上させる非接触バイタル・サイン・モニタリング(VSM)システムを開発しました。

現在行われているLIDAR研究

検出やシグナル・チェーンに関する従来の問題が、アナログ・デバイセズの設計によるシステム以外に関わる制約条件やアイディアを利用することによって、大幅に改善できることも珍しくありません。ファイアフライ・プロセスでは、物体の移動に関する限界値を制約条件として使用します。つまり、検出器やシグナル・チェーンではなく、測定の対象となる物体そのものに付随する制約条件を検出処理に利用します。

Analog Garageの考察を参照

See LIDAR Research in Action