LTspiceによる電源回路のケース・スタディ

アナログ技術セミナー2018 A2

すべての電気回路は電源がないと動作しません。しかし、電源回路の設計現場では、電源回路に求められる仕様が判明するのは設計フェーズの最終段階であり、さらに残されたスペースに入れ込まなければならないというのが常です。しかも、日程的に失敗は許されない、有事に際してもコストアップは許されないといった四面楚歌の状況下で行われます。

このセッションでは色々なアプリケーションに求められる電源回路への要求事項とそれらに対するアプローチ、ソリューションをアナログ・デバイセズの無償回路シミュレーション・ソフトウェアLTspiceXVIIを用いてご紹介します。

また、事前に検討可能な項目やレイアウト起因のノイズ対策、さらに電源回路のローコスト化のヒントについてもご紹介します。

jp_ats2018_a2

PDFダウンロード

 

下のビデオをクリックすると、画面上にビデオが開きます。