ウェブキャストセミナー - アナログ技術セミナー2016

次世代無線システムを小型化する
JESD204Bコンバータボード開発における7つのポイント 

 

講師:ギガファーム株式会社 山崎 隆行 氏

 

 次世代の無線通信機器の開発では、システムボードの超小型化と、低消費電力化を実現するための高集積システム仕様が要求されています。
広帯域をカバーするギガサンプリングコンバータは、トランシーバ内蔵のJESD204B製品に選定部品が移り変わってきています。本セッションはJESD204Bの基礎知識を修得済みで、次の開発段階へ進行される開発者を対象に、実際に無線システム向けに開発したJESD204Bコンバータ搭載信号処理ボード開発を事例として、特に注意すべき7つのポイントを説明します。

1.試作前準備と評価ボードでの確認
2.A/Dコンバータ入力のADS解析
3.ADCとDACの制御と伝送路解析
4.同期CLKとコンバータ設定
5.JESD204Bボード基板の開発
6.FPGA生成とJESD204Bデザインデバッグ
7.合成ツールの活用による性能向上の検討 

 

  ビデオ目次 動画の長さ
 
視聴中 >      1. 試作前準備と評価ボードでの確認
19:06
 
       2. A/Dコンバータ入力のADS解析
6:47
 
       3. ADCとDACの制御と伝送路解析 7:00
 
       4. 同期CLKとコンバータ設定 2:20
 
       5. JESD204Bボード基板の開発 3:52
 
       6. FPGA生成と
     JESD204Bデザインデバッグ
2:46
 
       7. リンクの確立とエラーの検出 4:30

B3

 

ビデオと同じセミナーテキストをダウンロードいただけます。

ダウンロード
(2.8MB・pdf)

 

 

1. 試作前準備と評価ボードでの確認


 

 次のビデオを視聴 >