シグナルチェーンで理解する システム・パーテショニングの基礎理解

シグナルチェーンという一言で言うのは簡単ですが、アナログ信号をデジタルに変換して、プロセッサで様々な処理を行い、デジタル信号のまま保存したり通信したり、再びアナログ信号に変換するという一連のシステムを構築するまでには、様々な課題や注意点があります。
このセッションでは、シグナルチェーンのシステムを考える時に、知っておくべき知識や課題、注意点を、ソリューション回路や、使えるデバイス事例を交えて解説し、シグナルチェーンのシステム構築に必要な基礎理解を深めます。
(このセッションでは、アナログ回路からデジタル信号処理までを横断的に解説しています。組み込みプログラマーやデジタル・エンジニアが、アナログを含めたシステム全体を理解するといった目的に最適です。)

tech2013C-3img

 
 

「シグナルチェーンで理解する システム・パーテショニングの基礎理解」動画一覧


 
 
第1部
イントロダクション
視聴する>>
第2部
システム・アーキテクチャとパーティショニングのジレンマ 視聴する>>
第3部
アナログ信号処理vs.デジタル信号処理
視聴する>>
第4部
デジタルvs.デジタル
視聴する>>
第5部
サンプリングの危険性
視聴する>>
第6部
処理機能の適切な配置
視聴する>>
第7部
ゲイン
視聴する>>
第8部
フィルタリング
視聴する>>
第9部
マルチプレクス
視聴する>>
第10部
関連トピック:特殊な信号処理
視聴する>>
第11部
アイソレーション(絶縁)
視聴する>>
第12部
Appendixアナログ・デバイセズの設計&シミュレーション・ツール
視聴する>>