計測アプリケーションガス検知器、スペクトル分析器、センサー信号処理回路の設計

 

高精度の計測を行う場合、センサー/トランスジューサの特性に良くマッチした回路設計をすることが
重要になります。特にアナログ信号処理回路は、ADコンバータに入力される信号の品質を決め、変換結果の後のデジタル処理の精度を左右します。
このセッションでは、ガス検知センサーのための信号処理回路、光のスペクトル分析のためのセンサー信号回路を例にとって、センサーからADコンバータまでのアナログ回路を解説しています。
またセッションの中では、実際にセンサー用に設計、制作された回路(実用回路Circuit From The Lab)についても合わせて解説しています。
内容は以下の通りです。


tech2013B-3img

 
 

「計測アプリケーションガス検知器、スペクトル分析器、センサー信号処理回路の設計」動画一覧


 
 
第1部
イントロダクション  視聴する>>
第2部
高精度、高インピーダンス・センシング・アプリケーションの課題
 視聴する>>
第3部
実例(1):電気化学反応式ガス検出(CN0234)
 視聴する>>
第4部
実例(2):トランスインピーダンス・アンプをフォトダイオード・プリアンプとして使用する分光法アプリケーション(CN0312)
 視聴する>>
第5部
さまざまな高インピーダンス・センサー・コンディショニング回路に適用できる重要な設計原理を説明するためのアプリケーション
 視聴する>>
第6部 設計原理を説明するために選択した試験/検証済みのCircuits from the LabRシグナル・チェーン・ソリューション解説
視聴する>>
第7部
まとめ
 視聴する>>