初心者のためのOPアンプ

choitashi2014_camp_mainchoitashi_intro 


公開中

choitashi_sub1 普段は無害で無駄?でもいざというときに回路を守る!

OPアンプの周辺回路をみていると、時々ダイオードを互い違いに接続したような回路ブロックを見ることがあります。
機能としてはダイオードの±VFの電圧以上の部分を切り取る(クリップあるいはクランプ)という動作で、非常にわかりやすいダイオード回路です。
この回路がOPアンプなどのアナログ回路に組み込まれて、どのような働きをするのかを解説します。

マンガを読む>>


choitashi_sub1

顧問登場!
トランジスタとダイオードで電流制限回路を作る!

オペアンプからの出力を受けるICなどに、過大な電流が流れるのを防ぎたいケースがあります。
すなわち、突発的に発生する過電流や、短絡が発生したときの突入電流に対する保護を行いたいということです。
本稿では、このような目的で利用可能なオペアンプ出力用の電流制限回路を紹介します。オペアンプICにトランジスタとダイオード、抵抗を付加するだけで、出力電流を簡単に制限することができます。

マンガを読む>>


choitashi_sub3

理解して使おう!
定電流源、お役立ち組み合わせ回路!

電子回路システムでは、アナログ、デジタル問わず「電圧」で信号を表現するケースが多いでしょう。
しかし信号を表すには、「電流」を用いても全く同じことができるはずです。電流信号は電圧信号に比べて配線抵抗の影響を受けにくいという特長があります。
本稿では「電流信号を作り出す回路(前編)」と題して、OPアンプとトランジスタを利用した定電流回路、トランジスタのダーリントン接続。そして応用回路として可変電流出力回路について紹介してゆきます。

マンガを読む>>


choitashi_sub4com

カレント・ミラー回路を理解する!
アナログ・ダイアログから関連記事のご紹介!

第3回記事では、「電流信号を作り出す回路(前編)」と題して、OPアンプとトランジスタを利用した定電流回路、トランジスタのダーリントン接続。そして応用回路として可変電流出力回路について紹介しました。
本稿では、その後編として、電流信号のコピー回路(カレント・ミラー)の紹介をします。
最後に本稿に関連する記事としてアナログ・デバイセズの技術誌アナログ・ダイアログから、「アナログ信号処理の幅を広げる電流出力回路の技術」James Bryant (Analog Devices Inc.)という記事をご紹介します。

マンガを読む>>


choitashi_sub5com

簡単すぎて難しい!?
バンド・ギャップ・リファレンス回路

定電圧を出力する基準電圧ICは、数多く市販されています。ただ、既存の製品ではコスト的に許容できなかったり、社内で使用可能な部品として登録されていなかったり、登録済みでも入手が困難であったりといったケースも少なからず存在します。
そこで本稿では、簡単に構成できるにもかかわらず、電源電圧や温度の変化の影響を受けにくく、一定の電圧を安定に出力可能な高精度の基準電圧回路を紹介します。

マンガを読む>>


choitashi_sub6com

高周波ノイズに効く!
電源をきれいにするフィルタ回路を作ってみる

本稿では、オペアンプの電源用のフィルタ回路を紹介します。これを利用することで、オペアンプに供給する電源のノイズ成分を低減することができます。
特に高周波のノイズ成分に対して有効に働くため、オペアンプのPSRR特性が抱える弱点を補うことが可能になります。

マンガを読む>>