Signal Chain Filtering: Beginning with the Basics

Filtering is an essential part of the precision data acquisition signal chain. Inadequate signal filtering can leads to significant rise in noise level and spurious signals in the measurement output. This webcast provides a high level overview of the need of filtering and some of the key considerations for filter design.

After completing the session, the audience will be able to perform basic filter designs for a precision data acquisition signal chain.

Attendees will learn:

  • Where filtering is required in the signal chain
  • The key specifications for different types of filters
  • How to use Analog Filterwizard to design your filter
View This Webcast
( 個人情報の登録が必要です )
  • Presenter
  • Philip Karantzalis
    philip.karantzalis@analog.com
    シニア・アプリケーション・エンジニア、高精度テクノロジー・プラットフォーム

Philip Karantzalis。1973年以来、アナログ信号回路およびシステムのテストと設計に従事。1986年アナログ・デバイセズに入社。シグナル・コンディショニング・グループに所属し、データ・アクイジション、RF変調器/復調器・ミキサー、ADC、高精度テスト・システム向けにベースバンド信号設計を担当。現在、アナログ・デバイセズの高精度システム・グループでシニア・アプリケーション・エンジニアとして勤務。ニューヨーク市のRCAインスティテューツ・オブ・エレクトロニクスを卒業後、サンフランシスコ州立大学で高等数学を専攻。