Multi-Channel System Improvements Using Hardened DSP in Digitizer ICs

Increasing multi-channel receive and transmit densities on monolithic integrated circuits (ICs) have enabled exciting new architectural analyses with regards to the design of phased arrays, radars, electronic warfare, and satellite communication systems. However, this increased density requires that systems designers analyze the architectural trade-offs in terms of power consumption, complexity, dynamic range performance and overall system cost. This webinar addresses, using measured results, how the use of hardened digital signal processing (DSP) blocks residing on digitizer ICs, instead of those similar blocks residing in an FPGA, result in dramatic system-level improvements.

View This Webcast
( 個人情報の登録が必要です )

Mike Jonesは、アナログ・デバイセズ(ノースカロライナ州グリーンズボロ)の航空宇宙/防衛事業部門に所属するプリンシパル電気設計エンジニアです。2016年にアナログ・デバイセズに入社しました。2007年から2016年までは、GeneralElectric(ノースカロライナ州ウィルミントン)に勤務し、マイクロ波フォトニクスを専門とする設計技術者として、原子力事業向けのマイクロ波/光学ソリューションの開発に従事していました。ノースカロライナ州立大学で、2004年に電気工学の学士号とコンピュータ工学の学士号、2006年に電気工学の修士号を取得しています。