The Future of Industrial Ethernet Connectivity

To realize the goals of Industry 4.0, highly connected, intelligent and flexible manufacturing, new industrial connectivity solutions are required that enable higher data bandwidth and deliver a converged network between the IT and OT. With the increased deployment of robots and cobots in new smart factories, significantly more data is being generated and distributed along with real time control commands. This is creating the need for enhanced Gigabit real-time Ethernet communications with Time Sensitive Networking capability. As the process industry embraces Industry 4.0, sensors/actuators require Ethernet connectivity on single twisted pair cabling up to a distance 1km (new IEEE standard 802.3cg-2019 / 10BASE-T1L) in intrinsically safe, Zone 0 applications. This presentation discusses the challenges and solutions of new Ethernet technologies for tomorrow’s Industrial communications systems.

View This Webcast
( 個人情報の登録が必要です )

Fiona Treacy は、アナログ・デバイセズの戦略的マーケティング・マネージャです。産業用のネットワーク接続を利用するプロセス制御とFAの分野を担当しています。それ以前は、MeasureWareTMを活用した計測技術や高精度の計測技術を対象とするマーケティング業務を統括していました。アプリケーション・エンジニアリングやテスト開発に携わった経験も有しています。リムリック大学で応用物理学の学士号と経営学の修士号を取得しています。

  • Presenter
  • Volker Goller

    Systems Application Engineer

Volker E. Gollerはアナログ・デバイセズのシステム・アプリケーション・エンジニアです。複雑なモーション・コントロールや、組み込みセンサーからTSNまでの技術を使用する産業用アプリケーションの分野に30年以上携わってきました。ソフトウェア開発者として、無線/有線の通信アプリケーション向けに様々な通信プロトコルやスタックを開発した実績を有しています。同時に、主要な業界団体にかかわることによって、新しい通信規格のフィールディングに積極的に携わってきました。