ウェブキャスト

Generic_Author_image About The Author
David Rice / Joseph Creech ,
Application and Marketing Engineers

デジタル・ポテンショメータの用途と使い方

電圧/電流の調整や計測に使用する部品として、デジタル・ポテンショメータに注目が集まっています。プログラマブルであることに加え、精度や信頼性、柔軟性が高く、サイズは小さいといった具合に、機械式のポテンショメータにはない数多くの特徴を備えているからです。

本ウェブキャストでは、デジタル・ポテンショメータに関する基礎知識のほか、設計に組み込む際に注目すべき事柄や、最新製品の先進的な機能などについて詳細に解説します。

※日本語字幕

 

 

目次
タイムライン
1
デジタル・ポテンショメータの特徴  00:00 - 07:53
本ウェブキャストのテーマであるデジタル・ポテンショメータ(digiPOT)の基本について説明します。特に、旧来型の機械式ポテンショメータとの違いに注目し、digiPOTならではのメリットを明らかにします。
 
2
重要なパラメータ  07:54 - 14:57
IC製品であるdigiPOTを使用するうえでは、機械式ポテンショメータを使う場合とは異なるパラメータに注目する必要があります。digiPOT製品のデータシートに記載されている各種のパラメータについて解説します。
 
3
アンプ回路での応用
 14:58 - 23:38
オペアンプをベースとする回路にdigiPOTを組み込むことで実現できる代表的なアプリケーションを紹介します。それを通して、設計時にポイントとなるdigiPOTの機能や性能について詳細な説明を加えます。
 
4
先進的な機能
 23:39 - 31:09
内蔵メモリーやマルチチャンネル対応など、IC製品であるdigiPOTならではの特徴を説明します。特に、アナログ・デバイセズの「DigiPOT+」に注目し、その先進的な機能によって得られるメリットを紹介します。
 
5
Q&A
 31:10 - 38:02
ここでは、本ウェブキャストの参加者からいただいた質問にお答えします。現実のアプリケーションにおいて注目すべきパラメータや、よりよい設計を行うためのコツ/注意点など、digiPOTを使いこなすための情報を提供します。
  • Presenter
  • David Rice / Joseph Creech

    Application and Marketing Engineers

David Rice は、アナログ・デバイセズのリムリックでリニア/高精度テクノロジ・グループの digiPOT を担当しているアプリケーション・エンジニアです。2012 年にコーク工科大学でエンベデッド・システム・エンジニアリングの修士号を取得した後、アナログ・デバイセズに入社しました。

Joseph Creech は、2005 年にユニバーシティ・カレッジ・コークで学士号を取得し、2013 年にリムリック大学で経営学の修士号を取得しています。2005 年に入社して以来、さまざまな製品ライン、アプリケーション、および評価部門で勤務してきました。現在では、digiPOT ポートフォリオのマーケティング・エンジニアを務めています。