An Introduction to 5G Open RAN Architecture, Solutions and ADI’s Newest Transceiver

Advancements from Open RAN are disrupting the wireless infrastructure market. Analog Devices will review market dynamics, challenges and opportunities of O-RAN. We will introduce our newest transceiver, the ADRV9029, a 4T4R 200MHz SoC with integrated Digital Pre-Distortion and Crest Factor Reduction. It’s perfect for O-RAN applications. We will also present an O-RAN compliant 4T4R O-RU reference design platform with a 7.2 optical port (eCPRI). The radio unit includes a modular RF Front End to allow for fast prototyping of Band and Power variants.

View This Webcast
( 個人情報の登録が必要です )

Brad Brannon 。ノースカロライナ州立大学を卒業後、アナログ・デバイセズに36年間勤務。アナログ・デバイセズでは、設計、テスト、アプリケーション、システム・エンジニアリングを担当。現在はO-RAN用リファレンス設計の開発と、その顧客サポートに従事。過去に、データ・コンバータのクロッキング、無線の設計、ADCのテストなどのトピックに関するいくつかの記事やアプリケーション・ノートを執筆。

  • Presenter
  • Padraig McDaid


Padraig McDaid は、1998 年にアイルランドのリムリック大学で電子工学の学士号を取得しました。アナログ・デバイセズのスイッチ/マルチプレクサ・マーケティング部門のマネージャとして、主に MEMS 技術の研究開発に従事しています。2009 年のアナログ・デバイセズ入社以前は、多国籍企業や中小企業で、RF 設計、アプリケーション、マーケティングなどの各種業務を担当しています。