遠隔患者モニタリングの現況と今後の展望

患者にとって遠隔モニタリングは非常に使いやすいようですが、医療提供者にとっては臨床用モニタリングや優れた接続性、アリゴリズムなどが技術的な課題となっています。医療品質の責任は医療提供者にあり、現在、我々が実施している方法はコスト面でも帯域幅の面でも持続可能ではありません。しかし、将来について考察すると、極めて興味深い可能性が見えてきます。