アナログ・デバイセズのSilent Switcher技術

Silent Switcher技術を採用したレギュレータやスマート電力段は、同期整流方式の降圧DC/DCコンバータに新たなレベルの性能をもたらします。

Silent Switcherは、アナログ・デバイセズが独自に開発した電源IC向け技術です。これを適用したデバイスは、高効率(最大96%)、低ノイズ、超低EMI(電磁干渉)、最小フットプリントといった特徴を、最も優れた組み合わせで兼ね備えています。なかでも、CISPR 25のクラス5で定められたEMI規格(ピーク値)を余裕を持ってクリアする点は大きな特徴だと言えます。

入力電圧は最大65V、負荷電流は最大30Aです。また、最小オン時間が短いことから高い降圧比を実現できます。アナログ・デバイセズは、産業、計測/計装、医療、航空宇宙、通信、自動車といったあらゆるアプリケーションに向けて、それぞれに適したSilent Switcherベースのソリューションを提供しています。