既存のサプライ・ベースの進化

OEMは、コスト、品質、納期を常に重視してきましたが、今日では、そこに突然、持続可能性が加わりました。