アナログ・デバイセズの新しいE2B 10BASE-T1S技術

アナログ・デバイセズのE2B(Ethernet to Edge Bus)10BASE-T1S技術が、オートモーティブ・ゾーナル・アーキテクチャの一部としてのエッジ・ノードに至るすべての経路において、どのようにイーサネット接続を実現するのかをご覧ください。アナログ・デバイセズの簡易型イーサネット技術は、高度に最適化されたオールハードウェア・エッジ・ノード実装を実現して、エッジ・ノードのマイクロコントローラとソフトウェアを不要にします。これはソフトウェアをゾーナルECUまたはセントラルECUに集中配置することを可能にし、パーソナライズ、自動運転、ネットワーク接続、電気化といった自動車界のトレンドに対応する新たな機能の導入を促進します。