鉛蓄電池バッテリ・バランサ

直列接続バッテリ・スタックのアクティブ・バランス調整の対象となるのは、多くの一般的なバッテリ組成であり、鉛蓄電池を対象とするものはこれまで存在しませんでした。鉛蓄電池を対象とするアクティブ・バランス調整の必要性と利点に関する疑念は山ほどありますが、この疑念は見当はずれです。このビデオで示すように、直列に接続した鉛蓄電池にはバランス調整が必要であり、LTC3305は、バッテリを長寿命化し、実行時性能を向上するための最高のソリューションです。

リチウムイオンやLiFePO4などの低電圧バッテリ組成のバランス調整では、最高の性能を得るために、複雑な電力変換アーキテクチャ、超高精度の電圧モニタ、およびソフトウェア・ベースのアルゴリズムが必要です。こうしたシステムは、LTC3300アクティブ・バランサとLTC6804モニタICを使用して構築することができます。これに対して鉛蓄電池は、はるかに単純なアーキテクチャでバランス調整が可能です。LTC3305は、わずかな数の外付け部品を取り付けるだけで、独立型の完全なソリューションになります。電圧モニタ、マイクロプロセッサ、ソフトウェア・アルゴリズムを別個に用意する必要はありません。

2層、3層、または4層の直列バッテリ・スタックは、LTC3305を使用してバランスを調整できます。スタックの階層が4層を超える場合は、LTC3305自体を個別に積み重ねることができます。また、交互配置により、最大数百Vまたは数千Vの高電圧スタックで全てのバッテリのバランスを調整できます。公称6Vまたは12Vのバッテリで構成されるスタックがサポートされます。

LTC3305は、鉛蓄電池のバランス調整に特化して販売されている世界初で唯一のICです。