デュアル出力、高電流、低ノイズ、低ドリフトの高精度リファレンス

高精度のミクストシグナル・アプリケーションには、通常、電圧リファレンスが必要ですが、時にはアナログ回路をサポートするために数個のレギュレータやLDOが必要になることがあります。個別のレギュレータを使って、アナログ電源、デジタル電源、電圧リファレンスを分離します。電圧リファレンスはDACとADCのリファレンス入力をサポートすると同時に、高精度の低ノイズ電圧を必要とする他のデバイスをサポートします。LT6658は、電圧リファレンスとレギュレータの両方の要件を満たし、敏感な高精度アナログ・ブロックに精確な電圧と、電力を供給するのに十分な電流を供給します。
デュアル出力高電流リファレンスLT6658は、定格電流がそれぞれ150mAと50mAの同じ高精度仕様を備えた個別の出力を備えています。これは、高精度のミクストシグナル・アプリケーションやアナログ・アプリケーションに電流を供給するのに十分な仕様です。高精度仕様には、0.05%の初期精度、10ppm/℃のドリフト、0.1ppm/mAの負荷レギュレーション、優れたチャネル間分離などがあります。2つの分離された出力は温度、電源、負荷電流の全範囲にわたって互いに十分なトラッキングを行います。
最大入力電源電圧は36Vなので、自動車や産業用機器のアプリケーションに最適です。2つの2.5V出力は、外付け抵抗を使って個別にスケールを調整するか、ユニティゲインにしておくことができます。各バッファは電流制限回路によって保護されています。また、サーマル・シャットダウン回路がデバイスの過熱を防ぎます。