FAQ

AD737 - FAQ

矩形波を入力したときの変換精度

Q:   RMS-DC変換器は、矩形波を入力しても真の実効値出力を期待できるのでしょうか。

A:   RMS-DCコンバータは、矩形波信号でも実効値変換を行います。ただしその周波数やクレスト・ファクター(Duty)などにより変換精度が変わりますます。詳しくはデータシートをご覧ください。

コンデンサでDCカットしたAC入力が動作しない。

Q:  AD737JRを使用し、Max200mVの交流電圧(50/60Hz)の測定をしております。長期間連続測定をしていて、5時間以上正常に測定しているのですが、その後、徐々に0mVまで下降する現象が発生しております。Cin部分にオシロスコープのプローブを接触させると正常に復帰します。原因は何でしょうか?

A:  発生している症状は、入力のリターンパスが無い為にAD737の入力バイアス電流により入力端子電圧が変化し、同相電圧範囲を超えるためと推測されます。AD737のVIN入力をAC結合で使用する場合には、高抵抗でVin端子をGNDにプルダウンしてください。

外形寸法図のBSCとは?

Q:   ± データシーとの外形図に記されている「BSC」とは、どのような意味でしょうか。

A:    BaSiCの略です。公称値という意味です。

Pwr Dissとは?

Q:   ± 仕様欄に表記されている"Pwr Diss(Max) 20mW"(一例)に関して用語の意味を教えてください。

A:   Pwr Diss(Max) 20mW ですが、Power Dissipationの略表示となっており、パラメータとしては消費電力となります。

ICの寿命や製品保証の資料は?

Q:  ± ICの寿命・製品保証に関する資料はありますか。故障率でも結構です。

A:   弊社で供給しております半導体製品の一般的な信頼性データは、弊社Webサイトから検索することが出来ます。また品質保証に関する資料等もこのサイトから検索することが出来ます。品質&信頼性のサイトから信頼性データや信頼性ハンドブック、FITレート、技術資料などをご覧ください。

AC、DC信号の実効値測定

Q:RMS-DC変換器は、AC信号だけでなくAC+DC信号の実効値も測定できるのでしょうか。

A:入力をDCカップリングとすれば、DC+AC信号の実効値を測定することが可能です。入力の電圧範囲に注意して使用してください。

デシケータ管理条件

Q:  パッケージ開封後のデシケータ管理の条件について教えてください。管理状況によってベーキングが必要となるかと思います。その条件についても併せて教えてください。

A:  アナログ・デバイセズ製品に関しましては、湿度等の条件はJEDECのSTD–20Dを適用しております。(もともとご質問の製品は)その規定によりMSL(Moisuture Level)1と規定された製品です。MSL1のデバイスに対する取り扱いにつきましては、このJEDE STD–20Dをご参照ください。なおMSL1はもっとも管理が緩い製品レベルです。