FAQ

AD5322 - FAQ

コンバータのアナログ部とデジタル部の分離

Q:  回路のアナログ部とデジタル部分離したいと考えています。 アナログ用とデジタル用で全く別の電源を用意し、コンバータのREF+、REF–、 AINはアナログ電源に、VDD/GND/通信インターフェースはデジタル電源に、というような配線をしても問題ないでしょうか。

A:  VDDはアナログ電源とすることをお勧めいたします。またREF+/REF–/AINにはGND – 0.3V ≤ (REF+, REF–, AIN) ≤ VDD+0.3Vの制限がありますので、別電源とした場合、この制限を越える状態が発生しないように注意してください。

出力が発振

Q:   DACの出力にノイズフィルターのためのコンデンサをいれたら、不安定、あるいは発振している。

A:   たとえばAD5304データシートの14ぺージにて記述されております様に、アンプの負荷容量は500pF以内とする必要があります。 このタイプのDAC出力アンプはRail-to-Rail回路のため、出力インピーダンスZoが一般のOPアンプに比べて高く、容量性負荷がつくとこれによるポールで不安定になる危険があります。このノイズ取りのコンデンサーを接続する場合には、一緒に数十Ω~数百Ωのシリーズ抵抗を介してください。