FAQ

AD202 - FAQ

ガルバニック絶縁(ガルバニック・アイソレーション)について

Q:   ガルバニック絶縁とは、どういう意味でしょうか。

A:   ガルバニック・アイソレーションとは、一次側と二次側の間に、電流の流れる経路が存在しない状態で、電気的に絶縁された状態です。
例えばトランスやオプトカプラーは、一次側と二次側にを磁気、あるいは光を使用して信号あるいはエネルギーを伝送します。

供給電源は、出力信号から絶縁されているのでしょうか。

Q:   AD202を使用して信号ラインの絶縁を行おうとしていますが、供給電源(+15V)は絶縁された電源を用いる必要があるのでしょうか?  それとも電源ラインとも絶縁されているのでしょうか? 

A:   AD202は2ポートアイソレーションされた絶縁アンプで入力と出力および+15V電源間は絶縁されていますが、出力と+15V電源間は絶縁されておりません。AD202は入力信号を絶縁する用途に適した製品です。
出力信号を絶縁する必要がある場合には、3ポートアイソレーションタイプのAD210I/Oモジュールのご使用ををお勧めいたします。

複数のAD202をパラレルに接続すると、同じ入力信号でも出力が異なる。

Q:   4-20mAを250Ωの抵抗で受けて、2つのAD202に並列に入力しています。+/-2V出力する為に、37PINに-3.00Vを加えていますが、AD202の出力が1.984Vと1.974Vと誤差があります。 この差をゼロにすることは可能でしょうか。

A:   AD202の入力オフセット電圧はJグレードで±15mV±15mV/G (@25℃)と規定されておりますのでゲイン:1倍で使用された場合、出力には最大で±30mVのオフセット誤差が発生する可能性があります。従いましてこのオフセットを調整するために出力側の37ピンに加えている-3Vの電圧を、個別に±30mV以上の範囲で調整できるようにする事をお勧めいたします。